無料の会員登録をすると
お気に入りができます

男性が「恋愛対象として女性を意識した瞬間」って?

恋愛・結婚

好きな人ができると、その人にどう思われているのかすごく気になりますよね。

できれば、仲良くなりたいし、女性として意識してもらいたいとは思うものの、「どう近づけばいいのかわからない……」なんてことは、ありませんか?

そこで今回は、20代の男性に、いままで意識していなかった女性が、急に可愛く見える瞬間について聞いてきました!

1.好きなものを覚えていてくれた

「スマホでお店を探していると、『ここの揚げものおいしいよ!好きだったよね?』と、職場の女性が声をかけてきました。その子と食事をしたのは、過去に1回だけですが僕の好きなものを覚えていてくれたことが嬉しくて、つい『一緒に行く?』と誘ってしまいました(笑)」(25歳/広告)

「自分の好きなものを覚えてくれている」=「自分に興味をもってくれている」ということ。

女性から個人的な関心をダイレクトに向けられると、どうしたって男性は意識してしまうものです。

すぐに「好き!」となるというよりは、何度かそういうことがあると少しずつ意識するようになり、恋が芽生えるというわけです。

というわけで、好きな相手の好きなものは、しっかりチェック!

ここぞというチャンスが来たら、話題にしてみてくださいね。

2.アドバイスを素直に実践してくれた

「パソコン操作が苦手な後輩たちにやり方を教えました。前から可愛いなと思っていた後輩Y子は、その後も自分のやり方にこだわり、一方、A子は僕の教えたやり方を実践してくれました。

さらに『こういうときは○○したほうがいいですか?』と聞いてくれたんです。Y子よりもA子のほうが可愛く見えてきました」(28歳/営業)

親切心で教えた自分のアドバイスを、きちんと実践してくれていると、男性は幸せな気持ちになります。

応用として、面白いと勧められた映画をしっかり観て、感想をアツく語る、などもおすすめなので実践してみましょう!

3.耳打ちされた

「職場の飲み会で隣に座っていた先輩が『私もアレ食べたい』と、耳打ちしてきたんです。単に注文した料理を取ってほしいお願いですが、耳打ちはドキドキしますね。

俺になにか特別な感情を持っているのかと妄想しちゃいました(笑)」(27歳/不動産)

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ