無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[便秘知らずの身体に!]ダイエットに欠かせない「きのこ」を使った1週間献立

レシピ

きのこは、低カロリーで噛み応えもあるため、ダイエット中には是非取り入れたい食材の1つです。一方、安価で手に入る反面、一度に使いきれずに保存の方法に困りやすいのが難点です。今回、ダイエット中でも便秘解消に効果的なきのこを使った1週間分の献立と、使いきれず余ったきのこの保存方法を提案したいと思います。

余ったきのこの保存方法は?

冷凍する

生のきのこは、鮮度が落ちやすく、長持ちしないのが難点です。そこで、おすすめなのが冷凍保存です。

ナメコ、ブナシメジ、エノキタケの3種類の生のきのこと、それらを冷凍および加熱したきのことの嗜好性を比べたある研究では、ブナシメジを除き冷凍および加熱したきのこの方が、旨味が増したと報告されました。一方で、色や歯ごたえの変化があるため、冷凍後は色や硬さが気にならない調理法が適していると示されています。

この研究では、ブナシメジは冷凍することで触感も悪くなる上に、苦みが増したために冷凍保存は不向きという結果となりました。

冷凍したキノコの使用方法は?

冷凍したキノコは、解凍するより、そのまま凍っている状態で、スープや煮込み料理に利用しましょう。レンジなどで解凍してしまうと、うま味が抜けてしまいます。

【ダイエット食材】まいたけの魅力とおすすめレシピ3選

1週間分の献立を提案

【月曜日】「たっぷりきのこでボリュームアップ!肉の中華炒め」の献立

初日は、牛肉を使ったメインでエネルギーをしっかりと蓄えて、この1週間を乗り切りましょう。また、こちらの主菜は、生のきのこを使うことで、きのこの触感が楽しめるので、噛み応えや満足度もアップします。

主食:ごはん
主菜:たっぷりきのこと牛肉の中華炒め
副菜:レンチン根菜そぼろ
副菜:小松菜としっとりささみの辛子マヨ和え
汁物:わかめ卵スープ

「たっぷりきのこでボリュームアップ!牛肉の中華炒め」の献立はこちら

【火曜日】「豚肉と野菜のさっと煮込うどん」の献立

平日の2日目は、野菜やきのこの旨味がきいた煮込みうどんはいかがでしょうか。炭水化物に偏りがちなうどんも、具沢山にすることで栄養バランスが上がり、早食いも防ぐことができるので、ダイエットにも最適です。

主食:豚肉と野菜のさっと煮込うどん
副菜:ほうれん草と人参の白和え
副菜:かぼちゃのアーモンド和え

「豚肉と野菜のさっと煮込うどん」の献立はこちら
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ