無料の会員登録をすると
お気に入りができます

傷つく、気持ちが冷める…「男性に振ってはいけない話題」とは?

恋愛・結婚

男性に自分の気持ちをはっきり出す女子は、両想いになれる確率も高め。

でも、良かれと思って言ったことなのに、彼にムスッとされたり、ケンカになったことはありませんか?

女子に悪気はなくても、男性に振ってしまうと、彼らを傷つけたり、気持ちを冷ます可能性のある話題があるんです。

仕事について

「仕事で悩んでいるとき、彼女が『辛いなら話聞くよ』と言ってくれたんです。でも、話したら『いちいち考えすぎて手が動いてないからじゃない?まずは行動しなよ』とめちゃめちゃダメ出しされてしまって。

『そっちにはわからない事情だってあるんだよ……』と思いました。僕ができない男だって前提で話されるの、本当にむかつきます」(26歳・男性)

男性の仕事へのダメ出しは本当に不評。

「何も知らないくせに」と反発したくなるそうです。

「できない」はもちろん、悩む彼をみかねての「辛いんならやめたら」も「バカにしてるの?」と感じるようで……。

仕事は、男性のプライドに大きく関わる領域。

よほど強くコメントを求められない限り、口出ししないようにしたいものです。

お金について

「彼女が年上なので、デート中にお金を出してくれることが結構あります。それはいいんだけど、いちいち『いいよ、お金ないでしょ』とか言ってくるのがちょっと……。

バカにされてる感じで地味に傷つくんですよね。

お金の負担は増えても、年下女子と付き合って『奢って♡』って頼られてるほうがマシかもって思います」(25歳・男性)

彼女にお金の心配をさせるなんて、男としてどうなの……?と考える男性も多いです。

「年収にこだわる女は嫌だけど、お金は社会的な賢さのバロメーターだし、ある程度は稼いでいたい」なんて声も。

それだけに、「お金がないんでしょ」と言わんばかりの態度は男性の心を傷つけます。

「彼を気遣ってお金を出していたのに突然フラれた」なんてこともあり得ますよ。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ