無料の会員登録をすると
お気に入りができます

うっかり号泣!目の腫れを次の日に残さない5つの対処法

感動する映画をみて、思わず号泣。次の日鏡をみたら目がぽってり腫れてた!なんて経験ありませんか?大事な日にメイクがのらなかったら一大事。腫れ予防と、腫れてしまったあとに行える対処法を5つ紹介します。

2017年8月
美容

泣いた後でも腫れさせたくない!

映画をみて感動して号泣してしまったり、悲しいことがあって号泣してしまうことなど、突然泣いてしまうということもありますよね。そういうときに限って、翌日はデートや大事な予定が入っていたりするものです。

出来る限り腫れないようにしたい!腫れを取りたい!そんな方の願いを叶える方法を紹介します。

なんで泣くと目が腫れるの?

そもそも泣いてまぶたが腫れてしまうのはなぜなのか。その仕組みを説明します。

涙が出ると人は反射的に指や手、ティッシュなどで目を覆って涙を拭います。ですが目の周りの皮膚は赤ちゃんと同じくらい繊細で、涙を流すことにより更に敏感になります。

そんな敏感な肌をゴシゴシと擦ってしまうと、刺激が強く傷ついてしまいます。更に、涙には塩分が含まれているので、その塩分でより刺激されて目が腫れてしまうんです。

少しでも腫れを抑えるために…

すこしでも目の腫れを引かせたい!泣き方をすこし工夫するだけで腫れを抑えることができるんです!

①手などでまぶたを強く擦らない
②ティッシュやタオルなどでゴシゴシと拭かない
③強く押したり刺激をしない

泣く時には、涙を流しっぱなしにするのがポイントです!拭くのは涙が頬まで流れてきてからにしましょう。

腫れてしまった後の有効な対処法

①冷やす

まぶたの腫れをひかせるのに一番効果的なのが冷やす方法です。冷やすことで血行が収縮し、そのあと緩んだまぶたに溜まった水分が流れやすくなり、むくみが解消されます。

記事に関するお問い合わせ