無料の会員登録をすると
お気に入りができます

これはケチっちゃダメ!節約で気を付けたいこととは?

貯金などの目的で、節約をする人は多いですよね。ですが、節約をしていても、中には絶対にケチってはいけないものもあります。節約で気をつけたい、ここはケチらないで!というポイントをご紹介します。

2017年8月
ライフスタイル

健康的に食費を節約

自炊の食費はケチらないほうがいい

節約と聞いて、多くの人がまずはここを削らなきゃ、と思いがちなのが食費です。ですが、家で自炊をする場合の食費はケチらないほうがいいのです。健康にも害がでるほど食費を削ったら元も子もありません。

外食費を見直してみよう

食費で削るべきは、スーパーの買い物代ではなく、外食費です。毎日のカフェ代、週末のなんとなくの飲み会代などの外食費は削りましょう。自炊をすることで健康になれる場合もありますよ。

お弁当箱にこだわれば、節約も長続き

節約するなら、まずはじめにお弁当箱を買いましょう。タッパーではいくら節約中でも生活感がありすぎます。また、可愛いタンブラーを持ち歩くのも効果的です。会社では自分でお茶をいれるなど工夫してみましょう。

女性なら、美容代はケチらないで!

髪や肌に潤いがないと貧相に見える

節約中でも、女性なら美容代はある程度かけることをオススメします。きちんとヘアカラーされていて、スキンケアも完璧であれば、たとえプチプラの服でも髙見えします。高いお金を費やさなくても、髪や肌に手入れが行き届いているだけで与える印象は変わります。

美容代は上手に節約しよう

美容院代をセーブしたいのであれば、カラーやカットモデルをしてコストを抑えましょう。また、スキンケア用品はコスパを重視しながらもフルラインを揃えて、お肌のコンディションを整えることが大切です。

交友関係は大切に

友達からのお誘いを断るのはNG

お金がかかるからといって、友達からのお誘いを毎回断るのはよくありません。お金は本来、人生を楽しむためのもの。楽しみがなくなってしまってはストレスがたまるだけです。メリハリをつけて遊びましょう。

節約中でも、楽しむ心を忘れないで!

楽しみながら節約しよう♡

食費は自炊やお弁当持参で浮かせ、美容院やコスメにかけるお金もある程度は確保しましょう。楽しみながらでないと、節約は長続きしません。メリハリをつけることが大事だということを忘れないでくださいね。

記事に関するお問い合わせ