無料の会員登録をすると
お気に入りができます

一発で恋愛対象外!「無意識にやりがち」なNG言動5つ

恋愛・結婚

気になる人がいると「もっと知りたい」「理解したい」と感じますよね。

ところが、相手に関心があるからこそ、NGな言動を見たときに一気に冷めるリスクもあるみたい。

いい人と出会ったときのために、なにをするとダメなのか男性目線で知っておくことはとても重要です。

今回は一発で恋愛対象外になるNG言動を5つご紹介していきます。無意識にやってしまう人も多いため、当てはまっていないかチェックしてみましょう。

過去の恋愛話をする

男性は、自分以外のほかの男性をライバル視しやすい傾向があります。

過去の恋愛話をするだけでもメラメラと嫉妬することもあるため、どうしても話さないといけない状況でない限り、ほかの男性の話題は出さない方が良いでしょう。

とくにNGなのは、「この場所、元カレと来たことある」「むかし、大好きだった彼がいたんだよね」など、過去の恋愛の思い出を語ること。

もう終わった恋愛だと分かっていても、男性は「元カレより微妙だったらどうしよう」「元カレと比べられてる……?」といった不安を感じてしまうもの。

そういった不安や嫉妬から一気に脈なしになってしまうこともあるので、やめておいたほうが無難です。

「男って〇〇」と決めつける

「男って〇〇だよね」「みんな絶対こう思ってるよ」など、決めつけた言い方をしてしまうのもNGです。

あなたに「決めつける意思」があってもなくても、その発言をされた途端に「この人に本音を話すのは難しそう……」と心を閉ざす男性は少なくありません。

自分の意見を伝えるのはOKですが、必ずしも相手の男性が「男って◯◯」に当てはまるわけではないため、「俺はそうじゃないのに」と思われてしまうかも。

「〇〇君はどう思うの?」と相手の考えを聞く姿勢でいた方が、話は弾みやすくなるはずですよ。

まだ親しくないのにボディタッチ

恋愛上手な女性は、タイミングを見極めたうえで、巧みにボディタッチをしているもの。

それは、ボディタッチのタイミングを誤ると逆に引かれてしまうことを知っているから、なのかもしれません。

恋人からのボディタッチは嬉しくても、まだ親しくない相手からのボディタッチは「下品」に見てしまいます。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ