無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[11/2〜11/8の運勢]11月1週目の運勢はどうなる?SUGARさんが贈る12星座占いをチェック!

占い

isutaでは今週も、SUGARさんが贈る週間占いを配信。

2020年下半期の運勢も配信しているので、こちらもぜひチェックしてくださいね♡

2020年下半期の運勢

今週のおひつじ座の運勢

illustration by ニシイズミユカ

味わいとあきらめ

今週のおひつじ座は、人生の苦みを含んだ味わいに深いコクを感じていくような星回り。

「秋の暮水のやうなる酒二合」(村上鬼城)は、晩酌の光景を詠んだ句。耳が不自由な作者は10人もの子どもを抱え、高崎の裁判所で代書人をしながら句作を続けた苦労人でした。おそらく晩酌の時間は、唯一の心休まる時間だったのではないでしょうか。

何か職場か家庭の事情かで、飲まずにはいられないことでもあったのか。「二合」ではとても適量とは言えないはずですが、同時に、そこで解消しきれなかった言外の余情があったからこそ、作者は句作へと突き動かされたのかもしれません。

今週のあなたもまた、そうした一時的な対症療法では解消しきれない思いこそが、自身の真の財産なのだということを認識していくことになるでしょう。

続きはこちらから

今週のおうし座の運勢

illustration by ニシイズミユカ

手でする

今週のおうし座は、頭で考えることよりも、手で感じることにおのれを託していくような星回り。

古代ヘブライ人は「ヤード(YD)」という言葉に「力」「傍ら」「記念」などの意味を持たせて使用しており、この「ヤード」という名詞をもとに「手でする」を原意とする動詞や、さらにその派生語が作り出されました。

とある詩篇では「愛する者」という言葉は、ヘブライ語で「友、親友」を意味する「ヤディド(YDYD)」が使われています。語形から見ると「手と手」とも読むことができますが、これは「親交をもつ、仲良くする」の意味をもつ「ヤデド(YDD)」という動詞からの派生語なのだそう。

つまり、真実の友とは言葉から生まれるものではなく、両手の手(行い)によって初めて成立する。黙したまま手と手が触れ合い、そこでじかに相手を知ることが、真の理解に繋がっていくということ。あなたもまた、何によって知るべきかという最初の“一手”に立ち返っていくといいでしょう。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ