無料の会員登録をすると
お気に入りができます

気がつけば1袋完食![カルディ新商品]誘惑が止まらない「オ・ト・ナ」スイーツにどハマり決定

グルメ

ほろ苦なビターチョコで包まれ、より大人向けなのがこちら。
ハードなチョコの味わいにより、いちじくのほのかな甘みやワインの風味がより引き立ちます。

チョコによって、こんなに印象が変わるものなんですね。渋みが強めに出ているので、お酒好きの人はこちらの方が好みに合いそう。
ミルクタイプはお菓子っぽいかわいらしい味ですが、ビタータイプはワインのおつまみにしたくなる仕上りです。
お子さまな舌には、大人っぽすぎるかも?

一粒の満足感は高いけれど、しつこさはありません。一粒ひとつぶ、ゆっくりと楽しみたくなるタイプです。

素材が引き立つシンプルな作り

驚いたのが、原材料のシンプルさです。

上はミルクタイプの原材料。添加物があれこれ入っておらず、シンプルな作りです。

ビタータイプは、さらにシンプル。

そのせいでしょうか、後味は意外とさっぱり。コクがあるけど、後味をずるずる引きずる感じはありません。
もう1個、もう1個、と食べたくなり、気づいたら全部なくなっていました……。
パッケージに保存用のファスナーがついていない理由がよーく分かります。

ひとくちメモ①「いちじくチョコレート」は女性にうれしいお菓子?

いちじくは食物繊維やビタミン類などを豊富に含んでいるため、天然の美容食として注目されている果物です。
また、種子に女性ホルモンに似た成分の「植物性エストロゲン」を含んでいるのも特徴的。

チョコレートはカカオポリフェノールが含まれていることで有名ですよね。
この商品は健康食品ではありませんが、女性にうれしいお菓子と言えるのではないでしょうか。

ひとくちメモ②おいしいチョコレートの選び方

おいしいチョコレートを選ぶには、原材料の表示を確認することがポイントです。
市販のチョコレート菓子の多くは「植物油脂」が配合されています。これはコストを抑えたり、舌触りをよくするために配合されるもので、不使用の商品の方がまれ。
このいちじくチョコレートにも配合されています。
問題になるのが、配合量です。安くて味がイマイチな商品は、植物油脂がたっぷり!油を食べているようなものなので、おいしくないのは当たり前です。

原材料の表示で植物油脂が先頭の方に記載されているものは、チョコの風味が乏しい商品。カカオバターやカカオマスよりも植物油脂が先に書かれている商品は要注意です。
ちなみに「いちじくチョコレート」の場合は後ろの方に記載されているので、ご安心を。カカオの風味がちゃんと味わえますよ。

「いちじくチョコレート」で優雅なおやつタイムを

いちじくとチョコは、思いのほか相性のよい組み合わせでした。いちじくの甘さや食感のおかげで、立体感ある味わいに仕上がっています。

ワインの風味も加わり、オトナなおやつタイムにぴったり。優雅なひとときのお供にどうぞ!

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ