無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[心理学]落ち込んだ時に。立ち直る6つの方法

ライフスタイル

仕事でミスをしたり失恋をしたりして落ち込んでしまった時、「立ち直れる自信がない」「早く立ち直りたいけれど、どうしたら良いか分からない」などと悩む女性は多いのではないでしょうか。

今回は、現役心理カウンセラーの視点から、落ち込んだ時に立ち直る方法を紹介します。ぜひ参考にしてくださいね。

「立ち直る」の意味

「立ち直る」は、「倒れ掛かったものが元通りになる」もしくは「悪くなった状態から元の状態に戻る」という意味です。

私たちは、挫折や失敗を経験すると、自信を無くし、深く落ち込んでしまう時があります。

「もう終わったこと」「次に目を向けなきゃ」と気持ちを切り替えようとしても、ネガティブな考えが浮かんできたり、ふとした瞬間に悲しみや悔しさが込み上げてきたり。「頑張りたいけれど頑張れない」と思った経験、みなさんにもあるのではないでしょうか。

心理的には、そういった落ち込んだ状態から、自信や活力を取り戻し「もう一度チャレンジしてみよう!」「私にも、何かできるかも!」と前向きな気持ちになることを「立ち直る」といいます。

立ち直れなくなる理由は?

20代~30代女性の立ち直れなくなる原因として挙がりやすいのは、仕事と恋愛で受けるショックです。

学生から社会人へ、一般社員から役職者へなどと立場が変わったり、転職をするなどして壁にぶつかることも多い上、結婚や出産などを自分事として考え始めるこの年代は、仕事と恋愛において失敗や挫折をしやすい時期といえます。

また、「自分に合った立ち直る方法」を編み出せておらず、気持ちが立て直せない状態が長く続いてしまい、焦ってしまう人も多いようです。

では具体的に、カウンセリングの現場でお聞きすることが多いシーンから、立ち直れなくなる理由を紹介します。

仕事の場合

まずは仕事において立ち直れなくなる理由です。

(1)業務上のミスが続いた

社会人になって3年目ぐらいまでは、業務内容や仕事の流れが分からないことが多いため、誰しもミスをしやすいものです。それ以降も、時にはミスが続くケースもあるでしょう。

責任感が強い方ほど、ミスをしてしまった自分を責め、立ち直れなくなるほど落ち込んでしまう場合が多いです。

(2)プレゼンに失敗した

仕事の場のプレゼンでは、自分および会社の考えや思いが相手にしっかり伝わるよう、理論的に説明することが求められます。

腕を上げるには、失敗を含む経験を積み重ねていくことが必要だと思いますが、プレゼンのような評価が分かりやすい場で失敗してしまい、恥をかいてしまったりすると、まるで自分自身を否定されたように感じ、自信を喪失して立ち直れなくなりやすいのです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ