無料の会員登録をすると
お気に入りができます

それ、重すぎるかも…?男性が嫌がるアプローチ方法4つ

恋愛・結婚

モテる女性は受け身になりすぎず、自分からもいろいろなアプローチをしています。

しかし、アプローチの内容によっては逆に男性が引いてしまうこともあるみたい……。せっかく頑張ったのに逆効果になってしまうともったいないですよね。

そこで本記事では、男性が嫌がるアプローチ方法を4つ調査してみました。

男性意見を参考に、より効果的な方法を模索してみましょう。

男性からのリアクションを求める

「彼女が甘えてくれるのは嬉しいんですけど、『愛してるって言って?』と頼まれるのは苦手で……。

自分の気持ちが高まったときに伝えたいです」(20代/経理)

こちらの男性のように、愛情表現を求められることに違和感を感じる人は少なくないようです。

「愛されたいから」「孤独を埋めたいから」などの動機でアプローチすると、相手の繊細な感情を見逃しやすくなります。リアクションありきのやり取りはなるべく減らしましょう。

また、男女では楽しいと感じる話題の種類に違いがあります。共感を求めたくなるのは女性特有の心理なのだとか。

男性の反応がイマイチな時は、男性にとって関心のある話題を振りましょう。

「私って…」と自分語りをしすぎる

「僕は自分の目で見て感じた印象を大切にします。

なので、自分語りや噂話を聞いてもあまり気に留めません」(30代/営業)

ギャップや長所は男性が自発的に読み取ったときに「魅力」として映ります。

自分から「ドジっ子なんだ」「一途なの」とアピールしても、むしろ押し付けられている気分になるのだとか。

たとえば自分の趣味や価値観について共有するのはOK。恋愛するうえで価値観のすり合わせはとても大切なので、相手も恋愛相手を選ぶ参考になります。

そして、自分のことを話す際は同じくらい相手の情報も引き出し、耳を傾けましょう。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ