無料の会員登録をすると
お気に入りができます

セブン、濃厚なガトーショコラとアイスバーが話題 味の濃厚さを比較すると…

グルメ

「セブン-イレブン」で発売されている「ひかえめに言って濃厚なガトーショコラ」(税込172円)、「ひかえめに言って濃厚なガトーショコラアイスバー」(税込181円)が本当に濃厚だと、SNSを中心に話題になっている。

ここで、「この2商品、いったいどっちが濃厚なんだ…」という謎が生まれた。片方はアイスという違いはあれど、同じガトーショコラ。2つの商品を食べ比べてどちらが濃厚かを調べることに。

■喉を通る最後まで濃厚

まずは、昨年も期間限定発売されて話題となった「ひかえめに言って濃厚なガトーショコラ」。商品のパッケージには、「前よりもちょっとだけ濃い…はず…」と控えめな言葉で進化をアピールしているがその実力やいかに。

ビターな甘さで食べていてクドくならない。喉を通る最後まで、しっとりとしたチョコレートの濃厚さを感じることができる。濃厚という説明に嘘偽りはなく、これは商品名に納得せざるを得ない。

関連記事:マクドナルド、進化した月見バーガーを食べて驚き… ふわとろ食感がスゴい

マクドナルド、進化した月見バーガーを食べて驚き… ふわとろ食感がスゴい

■異なる食感が楽しめる

濃厚さだけがウリという訳でなく、層によって食感が変わることも大きな特徴。商品を横から見るとよく分かるのだが、大きく2層に分かれている。

上の茶褐色部分は少しサックリとしており、下のカフェラテのような色の層はしっとりとしてクリーミーである。この2つの食感が絶妙なハーモニーを奏で、食べ進めるのが楽しい一品だ。

■全然控えめではないアイスバー

続いては、「ひかえめに言って濃厚なガトーショコラアイスバー」の出番。オシャレなパッケージデザインが目をひく。

「ひかえめに言って濃厚なガトーショコラ」はパッケージの文字も小さく控えめだったが、こちらは大きい文字で商品名が書かれている。ものすごく堂々としているではないか……。

関連記事:甘味苦手オッサンも完食したコンビニアイス『ダンディーチョコレート』が衝撃美味

甘味苦手オッサンも完食したコンビニアイス『ダンディーチョコレート』が衝撃美味
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ