無料の会員登録をすると
お気に入りができます

忙しい人でも取り組める!美肌をつくるモーニングルーティーンとは?

美容

朝の調子のよい肌を保つには、「食事による栄養補給と水分補給」「肌を清潔に保ち、乾燥しないように保湿すること」「紫外線対策」が大切です。
簡単にできるモーニングルーティーンとして、「白湯を飲む」「野菜スープを飲む」「肌の洗浄・保湿」「体の内側と外側からUVケア」の4つが挙げられます。

白湯を飲む

朝は、体内の水分が不足しているため、白湯を飲んでうるおい補給をしましょう。

体内に水分が入ると、溜まった老廃物が流れやすくなり、便秘が解消されて肌荒れの予防になります。また、むくみも取れて顔回りをスッキリさせてくれます。

また、白湯は温かいため、体内に入ると体温が上がって代謝がよくなり、肌が生まれ変わって美しい肌になります。古い角質やシミなどもはがれやすくなるため、透明感のある若々しい肌になっていきます。

野菜スープを飲む

bybirth.jp

野菜スープは、温かくて野菜のビタミンとミネラルが豊富なため、体を温めて栄養補給ができて朝に最適です。野菜に含まれる食物繊維は、腸内環境を整え便秘改善に役立つため、肌荒れ予防に効果が期待できます。

朝は食欲がないという人でも、スープであればのどを通りやすく、野菜は消化がよくて胃にも負担をかけにくいので、取り入れやすい習慣といえるでしょう。

肌の洗浄・保湿

朝の肌は、夜中に分泌された皮脂や汗、空気中に舞うほこりが蓄積されているため、顔を洗って清潔にすることが大切です。皮脂汚れは顔に付着すると落ちにくいため、洗顔料を使って落としましょう。

洗顔料はしっかりと泡立てて使うと、汚れの吸着力が増し、毛穴の奥の汚れまで取り除いてくれます。こうすることで、肌に雑菌が繁殖せず、ニキビや肌荒れが起こりにくい肌になります。また、汚れによる肌のくすみも取れて明るくなります。

ただし、洗顔してそのままでは、肌内部の水分が蒸発して乾燥するため、化粧水、乳液、クリームを重ねて保湿し、うるおいを逃さないようにすることが必要です。

体の内側と外側からUVケア

bybirth.jp

朝は、紫外線対策をすることも大切です。日中は、太陽の光を浴びるため、紫外線のダメージを受けやすく、しっかりと対処しないとシミやそばかすの原因となります。

メイクアップをする前に日焼け止めをつける、化粧下地にUVカット効果のあるものを使う、日傘、帽子、サングラスをするなどを心がけましょう。

また最近では、飲むタイプのUVケアアイテムも販売されています。体の外側と内側の両方から対策をすれば、より効果的に紫外線を予防でき、ダメージも蓄積されにくいため、肌の回復も早まって、常に朝の肌の調子がよい状態を続けられます。

朝は、紫外線対策までをスキンケアと考え、毎日の習慣にすることをおすすめします。

まとめ

bybirth.jp

朝の肌は、夜中に細胞の修復がされているため状態がよいことが多い反面、水分やエネルギーが不足し、夜中に分泌された汗、皮脂などの汚れが溜まっています。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ