無料の会員登録をすると
お気に入りができます

気を付けて。つらい仕事を続けると起こる3つのこと

ライフスタイル

マイペースな人が毎日数字やノルマに追われている、活動的な人が単調で孤独な仕事に就くなど、自分の性格に合わない仕事を続けていると、やはり苦痛を感じやすくなります。

(6)人の目を気にし過ぎている

自信がなく、周りの人の目や評価ばかり気にしていると、仕事の内容とは関係なく苦痛を感じやすくなります。何事も自分で決めるのが苦手で、周囲と比較して自分を否定してしまうところがある人に多いパターンです。

(7)疲労がたまっている

疲労がたまった状態で仕事を続ければ、苦痛を感じます。特に心の疲れは気付きにくいものです。今まで苦痛を感じなかったシーンでもつらいと感じるなら、かなり疲れがたまっていると考えていいでしょう。

(8)プライベートで問題を抱えている

恋愛や結婚生活でのトラブル、友人関係の悪化など、プライベートで問題を抱えていると、仕事が負担に感じ、つらくなることもあります。仕事中も気分がめいり、頑張ろうと思えば思うほど苦しくなるのです。

(9)不安で転職できずにいる

例えば、経済的な不安や年齢的な不安などから、転職したいけどできないと思っている状況だと、現在の仕事に苦痛を感じやすくなります。

仕事が苦痛のまま過ごすと起こること

仕事が苦痛のまま過ごすことには、さまざまなリスクがあります。最も大きなリスクは、自分の幸せを後回しに考え始めることです。

(1)気分が落ち込みやすくなる

苦痛を我慢ばかりしていると、心が疲れてしまいます。そうすると、次第に不安が強まり、それと共に気分の落ち込みも強くなっていきます。ささいなことで傷つきやすくなったり、頑張る意欲も湧かず、ドンヨリとした気分が続く場合もあります。

(2)自分にも他人にも攻撃的になる可能性がある

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ