無料の会員登録をすると
お気に入りができます

気を付けて。つらい仕事を続けると起こる3つのこと

「精神的にしんどい」「人間関係がうまくいかない」「業務がつまらない」など、さまざまな理由から仕事を苦痛に感じている人は少なくないはず。できれば対処して、毎日楽しく過ごしたいですよね。そこで今回は、心理カウンセラーの浅野寿和さんに「仕事が苦痛な時の対処法」を教えてもらいました。

ライフスタイル

仕事をしていると、苦痛に感じる瞬間がある人もいると思います。

仕事が苦痛だと感じる理由は1つではありません。だからこそ、その対処法も変わってきます。

今回は、仕事が苦痛だと思う時に考えられる理由から、そのまま耐え続けることによるリスク、対処法まで解説します。

仕事が苦痛だと思う理由

仕事で苦痛を感じる理由はさまざま。なぜつらいのか気付けないことも多いです。まずは代表的なものを挙げていきますね。

(1)対人関係のトラブルを抱えている

最も多い事例が、対人関係のトラブルです。同僚や上司、部下、顧客などと対立していたり、理解が得られず意見の相違ばかり続く、理不尽な批判や評価ばかり受けるなどの状況にあると、やはり大きな苦痛を感じます。

(2)会社で孤立している

会社の中で誰とも話さない、相談できないという状況が続いている場合もあります。人と関わらないことで分離感を抱き、次第に苦痛に思い始めることがあります。

(3)義務感だけで仕事をしている

「仕事はやるべきもの」など、義務感だけで仕事と向き合っている場合も苦痛を感じます。

そもそも「やるべき」だと感じている事柄は、面白く感じられないことが多いです。義務感を持ち出さないと仕事ができない場合、それが苦痛の原因になるでしょう。

(4)自分の能力・適性が合っていない

人は「充実感や達成感のない自分」に価値を感じにくくなるものです。自分の能力や適性などを十分に生かせないと、仕事をしていても満たされた気持ちを感じられません。自分のことをちっぽけに感じることが、次第に苦痛に変わっていくケースです。

(5)自分の性格に合っていない

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ