無料の会員登録をすると
お気に入りができます

全国の書店員が選ぶ!歴代「本屋大賞」受賞オススメ作品7選

おうちで過ごしたくなる寒い冬。そんな季節はあたたかい部屋でゆっくり読書を楽しみませんか?書店員さんの投票によって決まる本屋大賞受賞作は、ハズレがないと評判です。これから読書を始める方におすすめの、本屋大賞受賞作品をご紹介します。

2018年2月
カルチャー

本屋大賞受賞作、読んでみない?

寒い季節はどうしても家にこもっちゃう…。そんな冬の引きこもりライフ、せっかくなら本を読んでみませんか?

stocksnap.io

いざ本を読もうと思ってもどれを読もうか迷ってしまう方は多いはず。そこで、書店員さんの投票によって決まる本屋大賞を受賞した本から、おすすめ作品をご紹介致します。

①蜜蜂と遠雷/恩田陸(幻冬社)

Media?size=l
instagram.com

読めば誰しも音楽に触れたくなる、ピアノコンクールを舞台にした恩田陸さんの長編小説。

表現力がすごい。本当に音が聞こえてくる、面白く読ませていただきました。
www.amazon.co.jp

音楽を言葉だけで描き切る、作者の驚異的な筆力にビックリ!コンクールの予選から本選までをコンテスタント、観客、審査員の目線から描いていて、あっという間にその臨場感に引き込まれます。

蜜蜂と遠雷/恩田陸

幻冬社

¥ 1,800

ピアノコンクールを舞台に、人間の才能と運命、音楽を描いた青春群像小説。予選から本選まで加速していく物語から目が離せません。2017年本屋大賞受賞。直木賞と本屋大賞のW受賞を史上初めて達成しています。

商品詳細
蜜蜂と遠雷/恩田陸
www.gentosha.co.jp
商品詳細
恩田陸『蜂蜜と遠雷』特設サイト

②羊と鋼の森/宮下奈都(文藝春秋)

Media?size=l
instagram.com
「夢を持つ」大人にも青少年にもお勧め出来る本です。
www.amazon.co.jp

ピアノの調律師となって成長していく青年の物語。立ち止まったり挫けそうになりながらも努力を重ねていく主人公の姿は、仕事への向き合い方を見つめ直すきっかけをくれるはず。

羊と鋼の森(宮下 奈都)

文藝春秋

¥ 1,620

一人の青年が調律師として、人として成長する姿を繊細な言葉で綴った長編小説。心に響く美しい言葉と穏やかで優しい空気感に、心が清められていくようです。2016年本屋大賞受賞。

商品詳細
羊と鋼の森(宮下 奈都)
books.bunshun.jp
商品詳細

③鹿の王/上橋菜穂子(KADOKAWA)

Media?size=l
instagram.com

「守り人」シリーズなどで知られる上橋菜穂子さんの、老若男女問わず楽しめるファンタジー小説「鹿の王」。

ファンタジーなのに、細い描写にとても現実感があって、ぐんぐん引き込まれました。
www.amazon.co.jp

しっかりと練られた背景、美しい世界観…壮大な物語にグイグイ引き込まれます。「ファンタジーの世界にどっぷり浸かりたい」という方におすすめです。

鹿の王 ・1/上橋菜穂子

KADOKAWA

¥ 691

未曾有の危機に立ち向かう、壮大なファンタジー小説かつ医療小説。特殊能力を持った脱走奴隷と天才医術師の2人を主軸として物語は進んでいきます。1巻は世界観や登場人物の紹介がメインといった感じ。しかし、政治や医療など現実社会の問題を感じさせたりヒューマン要素もあり、続きが気になるドキドキ感に溢れています。2015年本屋大賞受賞。

商品詳細
鹿の王 ・1/上橋菜穂子
www.kadokawa.co.jp
商品詳細
上橋菜穂子『鹿の王』特設サイト

④海賊とよばれた男/百田尚樹(講談社)

Media?size=l
instagram.com
人として何が一番大切なのかを改めて教えてくれます。
www.amazon.co.jp

出光佐三をモデルにした人物が主人公の経済歴史小説。本の厚みに圧倒されるかもしれませんが、読み始めると話に引き込まれてあっという間に読み終えてしまうはず。骨太な人物の話が読みたい人におすすめです。

海賊とよばれた男・上(百田 尚樹)

講談社

¥ 750

全てのビジネスマンに読んでほしい!石油会社を率いて覇権を争った人物が主人公の、経済歴史小説。仕事の本質とは?働くとは?を考え直させられます。2013年本屋大賞受賞。

商品詳細
海賊とよばれた男・上(百田 尚樹)
bookclub.kodansha.co.jp
商品詳細
百田尚樹『海賊とよばれた男』特設サイト

⑤舟を編む/三浦しをん(光文社)

Media?size=l
instagram.com
辞書作りの大変さを学ぶとともに、温かい人間模様にも触れることができる秀作です。
www.amazon.co.jp

読めば辞書を一冊手元に置いておきたくなる、辞書作りが題材となった三浦しをんさんの長編小説。新しい辞書を完成させるために集った人々の人間模様が描かれ、言葉の力が全編に散りばめられています。

舟を編む/三浦しをん

光文社

¥ 620

新しい辞書を編集するために編集部に集った面々の織りなす物語。内容も登場人物もタイトルもすべてハイセンス!辞書への熱意や喜び、作るための苦労はもちろん、言葉への敬意を感じ取ることができます。2012年本屋大賞受賞。

商品詳細
舟を編む/三浦しをん
www.kobunsha.com
商品詳細

⑥夜のピクニック/恩田陸(新潮社)

Media?size=l
instagram.com
学生時代を彷彿される小説です。甘酸っぱい感じが面白かったです。
www.amazon.co.jp

舞台となる高校の伝統行事「歩行祭」でのお話。ただ夜通し歩くだけの行事なのに、言えなかったことが言えたり…歩く前とは何かが違う。青春があった人もなかった人も、この小説を読めば学生時代を思い出すでしょう。

夜のピクニック/恩田陸

新潮社

¥ 767

全校生徒が夜を徹して80キロを歩き通すという高校の伝統行事「歩行祭」。生徒たちは胸に秘めた悩みや思いを抱えながら歩く…。どこまでもみずみずしい物語で、これを読んで自分の高校時代を思い出す人は多いはず。登場人物達のことがちょっと羨ましく感じることも。学園小説は苦手な方にもおすすめできます。第2回本屋大賞受賞。

商品詳細
夜のピクニック/恩田陸
www.shinchosha.co.jp
商品詳細

⑦博士の愛した数式/小川洋子(新潮社)

www.amazon.co.jp
文章で紡がれる数字の世界の美しさに感動した作品でした。
www.amazon.co.jp

80分しか記憶がもたない博士と家政婦とその息子の交流を描いた、奇跡の愛の物語。映画化もされた小川洋子さんのベストセラー小説です。映画を観た方も多いかも?原作を読んでない方はぜひ読んでみて下さい!

博士の愛した数式/小川洋子

新潮社

¥ 562

「ぼくの記憶は80分しかもたない」。80分しか記憶がもたない数学博士と家政婦とその息子の3人で過ごした日々は奇跡のように美しい。数学に苦手意識がある人にも是非読んでもらいたい、温かくて優しい物語です。友愛数には数学嫌いの方も感動するはず!2004年、第1回本屋大賞受賞。

商品詳細
博士の愛した数式/小川洋子
www.shinchosha.co.jp
商品詳細

お気に入りの一冊と出会おう

暖かい部屋で好きな飲み物を用意してゆったり読書する…なんとも素敵な冬の贅沢ですよね。

pixabay.com

書店員さんの投票によって決まる本屋大賞受賞作は、ハズレがないと評判です。気になった作品はぜひ手に取って読んでみて下さい。

結末が気になって眠れない!おすすめ推理小説10選

ドキドキ・ハラハラ感がたまらない推理小説。メディアミックスされることも多く「推理小説読みたいな」と思うことも多いはず。そこで、読書家さんからも高評価の推理小説を、厳選してご紹介します。
2966

読書家のあの人に♡2,000円以下で買える本にまつわる雑貨まとめ

秋といえば読書の秋ですね。読書好きのあの人に、本雑貨をプレゼントしませんか。本のオシャレまで気を遣えるのは大人の女性の嗜みです♡
529
記事に関するお問い合わせ