無料の会員登録をすると
お気に入りができます

エコ・ラッピング⑤ 豆腐パックのボックスの作りかた

プラスチック製の豆腐パックはフードラッピングにぴったりです。150gパックや300gパックなど、入れるものによって変えられます。パックはよく洗って乾かしてから使いましょう。

2018年2月
DIY

ブラウニー→豆腐パックのボックス

正方形にカットするブラウニーはなんと豆腐のパックがぴったりサイズ!ラッピングペーパーは厚めのカラーコピー用紙を使うのがポイントです。

トリュフやブラウニーetc. 手作りスイーツ別♡正林恵理子さんに教わるエコ・ラッピング術

もうすぐバレンタインです♡「チョコレートは手作りしよう」と考えている人も多いのでは?となると、ラッピングもセルフになります。そこで、身近なものを利用した「エコ・ラッピング」を包装作家(R)の正林恵理子さんに教わりました。あなたの真心がきっと届きます。 撮影/田川智彦
2670

準備するもの

ブラウニー
豆腐パック(今回は150gの正方形を使用)
厚紙(豆腐パックのサイズに切っておく)
花柄ファブリックのカラーコピー(A4サイズ・厚め)
飾り:麻ひも、シールなど

1. ブラウニーはワックスペーパーで包む。
2. 豆腐パックの縁に両面テープを貼る。
3. 厚紙のふたを貼り付ける。
4.カラーコピーを裏面にして置き、豆腐パックを中央に置いて両端を包む。

5.6. パックに沿わせてサイドを三角に折り、底面に折り込む。
7.8. 逆側も同様に折り、底面に折り込む。

麻ひもで十字に縛り、最後にシールを貼ってポイントに。「麻ひもはリボン結びよりも上のほうでラフに結ぶのが可愛いと思います。タグを飾っても可愛いですよ」(正林さん)。

記事に関するお問い合わせ