無料の会員登録をすると
お気に入りができます

新年最初のあけおめストーリーは「牛加工」で決まり!おすすめエフェクトや加工方法をまとめました

ライフスタイル

2021年の干支は「牛」ですが、そんな牛を使ってストーリーでかわいく新年の挨拶を投稿してみませんか?

今回はInstagramのおすすめ牛エフェクトや、iPhoneの絵文字を使ったストーリー加工方法をまとめてご紹介します。

牛の絵文字で新年のご挨拶

それでは早速、iPhoneの絵文字などを使って「牛加工」を行ってみましょう。ストーリーのテキストボタンで“牛”と入力すると、5種類の絵文字が見つかりましたよ。

1つ目のデザインでは白黒の牛の絵文字を、画面いっぱいに埋めつくして配置してみました。

少し斜めに置いてみるのもおしゃれかもしれませんね。

あとは、牛の背景に新年の挨拶を打ち込めば完成です!

次は茶色の牛を使ってみます。

この時フォントは右から4番目、そして上部にあるフォントのアニメーション化ボタンをタップして、牛が動くように設定しておくのがポイントです。

次にスタンプボタンを選択してください。

芝生を表す「grass」と入力して、牛の上に芝を重ねて配置すると…。

草原で草を食べているような、のんびりとした「牛加工」が完成しますよ。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ