無料の会員登録をすると
お気に入りができます

12kgやせた管理栄養士直伝!失敗しない[キャベツダイエットの真実]最初に食べる?3つのコツ

レシピ

こんにちは、ヨムーノ編集部です。

キャベツを食べて痩せる、「キャベツダイエット」というダイエット法を知っていますか?一般的には、食事の前にキャベツのおかずを食べることで、その後の食事量を自然と減らすことができる、というメリットが知られています。

実際にキャベツダイットを実践してみたい!という人のために、半年で12kgのダイエットをしたことがある管理栄養士の猪坂みなみさんに、キャベツで本当にダイエットできるのか、失敗しないとり入れ方と、おすすめレシピを紹介してもらいました。

キャベツがダイエットに向いている理由

キャベツは、上手に活用すると効率的なダイエットに役立ちます。その理由は、以下の3点です。

①低カロリーでお腹いっぱいになる

キャベツは、100gで23kcalと、低カロリーな野菜です。ダイエット中は、消費する分よりも多くのエネルギーをとらないようにする必要がありますが、単純に量を減らすだけでは満足感を得ることができず、ストレスが溜まってしまいます。

そんなとき、キャベツのように低カロリーな野菜をとり入れると、お腹は満たしつつもカロリーオーバーを防ぐことができるので、ダイエットが進みやすくなるのです。

②便秘解消に役立つ

キャベツ100gには、1.8gの食物繊維が含まれています。そのうち1.4gは、水に溶けにくい性質を持つ不溶性食物繊維。水分を吸って便のカサを増やすことで、大腸を刺激して便が出やすい状態を作るのに役立ちます。

また食物繊維は、大腸内の細菌に発酵・分解されて善玉菌のエサとなることで善玉菌を増やす働きもあるので、腸内環境の改善にも役立ちます。
ダイエット中は、ご飯の量を減らすことで便秘がちになる人もいるので、そんな人には嬉しいポイントですね。

③むくみ防止になる

もうひとつ、ダイエット中に避けたいのが、余分な水分が体内に溜まってしまうむくみ。せっかく食事調整や運動を頑張って脂肪を減らしても、むくんでいると顔や脚がパンパンになってしまい、太って見えるので嫌ですよね。

むくみには様々な原因がありますが、そのうちのひとつが「塩分のとり過ぎ」です。特に糖質制限ダイエットをしている人は、主食(ご飯やパンなど)を減らす分、おかずを食べる量が増えるので、おかずの調味料から塩分をとり過ぎていることがあります。

こういったむくみの解消に有効な成分が「カリウム」。カリウムは、体内の塩分(ナトリウム)を体の外に排出する働きがあるため、塩分のとり過ぎによるむくみの予防に有効です。
キャベツには、カリウムも多く含まれているので、効率よく痩せるために便利な食材だと言えますね。

キャベツダイエットの正しいやり方

「キャベツがダイエットに役立つ理由はわかったけれど、どうやってとり入れたら健康的に痩せることができるのかな?」そんな疑問をお持ちの方のために、キャベツでダイエット効果を高める、おすすめの食べ方を紹介します。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ