無料の会員登録をすると
お気に入りができます

島全体がパワースポット♡大人女子が選ぶべきバリ島のリフレッシュ旅

島全体がパワースポットと言われる人気リゾート地、バリ。一度訪れたことがある人も多いのではないでしょうか。観光スポットをたくさん巡るのもありですが、リゾートホテルでゆっくり過ごすのも◎。今回は心と体をリフレッシュさせる大人のリゾートホテルの過ごしかたを提案します。

撮影/増田智泰 取材・文/ロカリ編集部

2018年5月
旅行・おでかけ

一度は泊まってみたいホテル♡

アメリカの高級旅行誌『コンデナスト・トラベラー』で2014年に「世界NO.1ビーチリゾート」、2017年に「アジアNO.1ビーチリゾート」に選ばれるなど、世界中の旅好きの人気を集める「ザ・ムリア、ムリア リゾート&ヴィラス-ヌサドゥア・バリ」をご存知ですか?「六つ星ホテル」とも称され、死ぬまでに一度は泊まってみたいと言われるホテルのひとつです。

「ムリア バリ」のあるインドネシア南東部のヌサドゥア地域は政府によって整備されたビーチエリア。世界有数の高級ホテルが立ち並びます。観光スポットをぐるぐる巡るのも楽しいけれど、高級ホテル内でゆっくり楽しむのは、大人女子のあこがれのバカンスの過ごしかた♡日ごろのリフレッシュ効果も高まります。

女子旅なら「ムリア リゾート」!

ムリア バリは「ムリア リゾート」「ザ・ムリア」「ムリア ヴィラス」の3つのホテルから成る広大なホテルの総称。今回紹介するムリア リゾートは3つの中でもリーズナブルにムリアのラグジュアリーな雰囲気が楽しめて、女子旅にぴったりなんです♡

エントランスからロビーは高い天井の吹き抜けで開放感抜群。昼頃になると大きな木のドアが開かれ、ムリア リゾートの巨大な敷地内を一望でき、向こうに海を臨むことができます。ソファーでくつろぐこともできますが、昼間の南国の太陽は日本人には厳しい!夕暮れなどの時間帯が狙い目です。

中央にあるパブリックプールやチャペルの向こうに海が見えるのがわかるでしょうか。ホテル内にあるいくつかのプールを通り過ぎると、浜辺にたどり着けます♡

お部屋広々!そのままプールに入れるムリアシグネチャーオーシャンラグーン♡

部屋はキングサイズのベッド、デスク、シングルのカウチソファー、テレビが置いてあってもゆとりのある広さ。1Fは隣とは繋がっているもののプライベートプール仕様になっていて、そのままプールに飛び込めます♡ ムリア リゾートにはビーチに行くまでに6つのプールがあるので、混み合うことがほとんどありません。

日本人には嬉しいシャワーと独立したバスタブ付き。バスルームのブラインドを開ければ、部屋が見えるので開放感があります。香りが良いホテルオリジナルのアメニティが揃っています。

メインダイニングは世界各国の料理が食べられるブュッフェ「ザ・カフェ」

一番人気のメインレストランは世界中の料理が食べられる「ザ・カフェ」。バリに来たらインドネシア料理!と張り切っても、やっぱりいろんな料理が選べるのは嬉しいもの。ブュッフェ形式なので質が落ちるのでは?と思うかもしれませんが、驚くことにすべて美味しい!口コミ旅サイトでも高評価なのでチェックしてみてください。

左は中華のおかゆや麺が食べられ、右はビビンパのトッピングが選べます。その場で調理してくれるので、できたてが食べられて人気ですよ。お刺身や生牡蠣が食べられる日本食コーナーも人気です♡

まるで高級ブティックのようですが、こちらはザ カフェ内にあるスウィーツ専用のスウィートルーム。居合わせた女性二人組は「シュークリームが絶品!」とのこと。トロピカルフルーツを使ったデザートやチョコレート系など種類もいろいろあります!

モーニング:7:00~11:00(宿泊料に含まれる)
ランチ:12:00~15:00
ディナー:18:00~23:00 大人 IDR 459,000+ 21%税サ(約4,400円)
※すべてドリンクは別料金

※1IDR=約0.008円(2018年5月現在)で計算しています。

朝から晩まで1日楽しめる♡ムリア リゾートの施設

レッスンプログラムでヨガやストレッチを♡

無料で受けられるフィットネスプログラムが充実しているムリア リゾート。朝は7時からハタヨガやピラティス、モーニングストレッチなどが受けられます。写真はメディテーション効果の高いクンダリーニヨガのレッスン。天気がよければビーチで行うことも。この日は前日の雨で砂が濡れていたのでこちらに変更になりました。別途料金でカヌーやウィンドサーフィンも体験できます♡

フィットネスセンターも使い放題♡

ランニングなどの有酸素運動系から筋トレまで、本格的なマシンが揃うフィットネスセンターが朝6時から22時まで無料で利用できます。ザ・カフェで朝食をとる前にさっと汗を流すと、ごはんももりもり食べられそう♡

5種類のプールでゆうゆう泳げる♡

ムリア リゾートには5種類のプールがあり、のんびり泳いだり、チルアウトして過ごすことができます♡毎週水曜日にプールパーティが開かれているそう。

メインプールはなんといってもインド洋に面したオーシャンプール♡ビーチとプールの境がなく、凄まじい開放感!デッキチェアもたくさん用意されているので、場所取りも不要です。

プールの中に入りながらお酒をオーダーできるプールバーもあるんです♡お財布がなくても部屋番号を伝えればOK。もちろん、ビーチ側からもオーダーできます。くつろいだ雰囲気でついついお酒が進みます。

スカイバーでは食前酒を

ビーチ近くにあるスカイバーでは、インド洋を眺めながら食前酒をいただくこともできます。日常から離れて、思い思いにリフレッシュする人々をぼんやり観察するのも楽しいもの。こちらはオリジナルノンアルコールカクテル、ムリア ガーデン。

ディナーはシーサイドレストラン「ソレイユ」もおすすめ♡

滞在中に楽しんで欲しいのがプールサイドレストラン「ソレイユ」。インドネシア、ベトナム、タイをミックスさせたパンアジア料理と地中海料理が楽しめます。

ウィークエンドディナーには前菜やチーズ&ハム、デザートのブッフェがずらり。目新しいオードブルをつい取りすぎてしまいますが、お腹がいっぱいでデザートが食べられなくなってしまうので注意して!

この日はクリームブリュレ、ストロベリーゼリー、トロピカルフルーツのエキゾチックムース、ヌテッラティラミス、オペラケーキ、ココナッツマンゴーのパンナコッタなど、32種類以上のスイーツがずらり♡

ウィークエンドディナーでは、手打ちの生パスタ料理とメインディッシュを数種類の中から選べます。パスタ、リゾット、ステーキ、シーフードグリルなどがお値打ち価格でいただけました。彼や友達とシェアするのも楽しいですね♡

レストラン内はエアコンがきいているので、カーディガンやストールを持参するとよいですよ。また、人気なので予約をおすすめします。

●ウィークエンドディナー料金
フードオンリー (2品選べて、アラカルト・デザート・パン・チーズなどが食べ放題)419,000IDR+10%サ税別(約3,686円)
アルコールパッケージ 899,000IDR+10%サ税別(約7,911円)
ノンアルコールパッケージ 539,000IDR+10%サ税別(約4,743円)
子供料金あり

お酒を飲みながらくつろぐなら「ザ・バー」

ザ・カフェのオープンスペースとして隣接するようにあるのがザ・バー。宿泊時にもらえるチケットでウェルカムドリンクをいただくことができます。ふかふかのソファ席とプールに面したテーブル席があり、カップルにはムーディなテーブル席が人気でした♡

こちらはザ・ムリアオリジナルのノンアルコールカクテル。右はムリア デライト、左はムリア ガーデン。フレッシュフルーツ入りで暑いバリの気候によく合います。

バリと言えばスパ!

バリに来たらやっぱりスパに行きたいですよね♡人気のスパに行って帰って…としているとバタバタしがちですが、ムリアの敷地内には「ムリア スパ」があります!大理石の床でひんやりとしていて、レモングラスの香りが漂います。人気なので到着時の予約が安心。

施術は完全個室でリラックスして受けることができます。もちろん友達やカップルと同室OK。アーユルヴェーダマッサージ60分IDR2,175,000+サ10%(約19,140円)

スパまではホテル内とはいえ少し歩くので、バギー(カート)で移動することもできます。タイでいうトゥクトゥクのような……。これがなかなか楽しい♡

気分転換に中華を楽しみたいなら「テーブル8」の出番♡

本格的な広東料理と四川料理の両方が楽しめる「テーブル8」は、中国王朝時代からインスパイアされた家具がゴージャス! ザ・カフェと同様にブュッフェ形式で、飲茶や土鍋料理は目の前で調理してくれます。

こちらはオーダー料理の「エビのXO醤炒め」。ぷりぷりのエビは意外とあっさりとした味付け。ブラックペッパーが効いていてとっても美味♡長い急須でアクロバティックにお茶を注いでくれる、テーブル8名物の「シグネチャーティー」はこの日スタッフが腰を悪くしていてお休みでした。残念〜。

平日ランチ:IDR 358,000 + 21%税サ (約3,500円)
平日ディナー:IDR 388,000 + 21%税サ (約4,400円)
サンデーブランチ (8:00-11:00):IDR 388,000 +21%税サ (約3,800円)

お土産はムリア デリのスイーツ♡

美しいケーキがずらりと並ぶパティスリーショップ「ムリア デリ」もホテル内に。お部屋で楽しむことができます。もっとおすすめなのはお土産のスイーツ。こちらの犬の形のチョコはなんとIDR150,000(約1,200円)!

4月に訪れたのでイースター用のギフトが並んでいました。デコレーションがとっても可愛いですね♡季節によってスイーツは変わります。

ムリア リゾート宿泊費

※正規料金、ザ・カフェでの朝食込み。シーズンによってはお得に泊まれるプロモーションやパッケージ、旅行会社には航空券込みのパッケージツアーなどもあるため価格は変動します。
1泊USD 380(別途サービス料10%・税金10%)、空港送迎IDR400,000(約3,200円)

ヌサドゥアのちょっとお出かけスポット

ザ・ムリアがあるヌサドゥアは高級リゾート地域。ホテル近辺でゆっくり過ごすのが基本ですが、万が一どこかに出かけたいときのためにヌサドゥアのちょっとお出かけ、お土産スポットを紹介します!移動は車をチャーターすることになり、12時間で7000円が目安です。チャーター会社はたくさんあるので、現地で調達することも可能。

ちなみに有名なキンタマーニ高原やウブド、テガララン ライステラスなど、遠出するなら1日がかりと考えて。欲張っていろいろ行くと疲れてその時間を味わえないことになりかねませんヨ。

ちょっぴりローカル感が味わえるパンタイ・ムンギット通り

ザ・ムリアからバリコレクションに行く道すがらにあるパンタイ・ムンギット通り。クタのショッピングストリートの超小型版のようですが、いくつか雑貨店や食堂があり、人気のアタバッグも売っていました。東南アジアならではの値切り方式でショッピングを楽しめます。

ショッピングが楽しめるバリコレクション

バリコレクションは巨大な屋外ショッピングモール。バリ雑貨なども売られていますが、残念ながら割高な印象。その中でも「これは買い!」なアイテムやオススメショップがあります。別記事で紹介しているので参考に♡ちなみにヌサドゥアの各ホテルーバリコレクション間は無料シャトルバスが運行しています。

これを買えば間違いない!いま喜ばれるバリ島お土産リスト

直行便なら7〜8時間で到着するとあり、海外のリゾート地のなかでも気軽さのあるバリ。女子旅や親子旅、カップル旅行とさまざまな楽しみかたができるとあって人気です♡今回はバリのおすすめお土産を紹介します! 撮影/増田智泰 取材・文/ロカリ編集部
1067

ちなみに今回の旅をアテンドしてくれたドンさんがバリコレクション内のカフェで日本人夫婦と遭遇。お話をしていたら「ムリア リゾート」に宿泊されているという偶然が! しかも、気に入って毎年ムリアに宿泊しているそうです。ムリアにリピーターが多いというのを目の当たりにして、「居心地いいもんね〜♡」と納得したのでした。

夕日とケチャダンスが名物のウルワツ寺院

バリ島の南西端の海岸沿い、水平線に沈む美しい夕日が見られるウルワツ寺院はバリ屈指のフォトジェニックスポット。ヌサドゥア地域から車で30分ほどで到着します。入場料はIDR20,000(約160円)。18時頃から伝統舞踊のケチャダンスが毎日行われていて、IDR70,000(約560円)で鑑賞できます。ちなみに野生のサルがいていたずらをするのでくれぐれも注意!この日もカメラマンさんがメガネを取られてしまい、エサをあげて返してもらいました。

バリに行くなら直行便のガルーダ・インドネシアが便利♡

今回のバリ旅行に選んだエアはガルーダ・インドネシア。成田・関空の両方から直行便が出ていて、フライト時間は約8時間。機内食はインドネシア料理と和食を選べました!ソックス、耳栓、アイマスクなどのアメニティーセットがあらかじめ席に配布されていて、安心感がありました。

日本発着便には日本人客室乗務員がいるので、言葉の不安もありませんでした。ANAとマイル提携しているのでマイルを貯めている人にもおすすめですヨ♡

ザ・ムリア、ムリア リゾート&ヴィラス - ヌサドゥアの公式ホームページはこちら!
ガルーダ・インドネシア航空の公式ホームページはこちら!
記事に関するお問い合わせ