無料の会員登録をすると
お気に入りができます

予想していたけれどやっぱり! 長引く正月太りを2月末くらいには…なかったことにする4つの対策

美容

正月太りでサイズアップしてしまった身体は、短期間で無理をせず「2月末くらいには戻ったらいいな」、くらいのゆとりを持つことでストレスも少なく向き合えるうえにリバウンドのリスクを減らすこともできるでしょう。

ここからは、ゆったりと身体を戻していくための4つの対策をお話ししていきます。

1・主食の摂取量を見直す

年末年始の食事ではパーティー料理や新年を祝う料理を食べることが多いでしょう。思い返してみると、麺類にピザ、寿司、餅などいつもよりも多く“主食”を摂っていたのではないでしょうか。

ただこれは主食そのものが悪い、というわけでは決してありません。むしろダイエット中であっても必須。意識したいのは「摂り過ぎが癖になっていないか」、ということです。

なぜならご飯やパン、麵類などの主食には炭水化物が含まれていますよね。炭水化物は効率のよいエネルギー源なのですが、体内には一定量しかストックできない栄養素。だからといって摂り過ぎても脂肪に変わり身体に蓄積されてしまうのです。

その人の体格や身体活動量によっても異なるのですが、1食当たりのご飯の適正量は成人女性で150gほど。たとえば白米から食物繊維やビタミンB1を含む玄米、雑穀米に変えれば炭水化物の分解と吸収が緩やかになり、食後血糖値の急上昇も抑えられるので食べる量に加えて内容を見直してみるのもよいでしょう。

2・果物を食べるなら朝もしくは昼

果物=ヘルシーだとダイエット中によく取り入れられがちですが、食べる時間帯やタイミングが大きく関係してきます。

果物に含まれるブドウ糖は空腹時に摂取すると吸収が早くなり、血糖値を上昇させ、血中の糖分を脂肪に変えて身体にため込むように働くためです。特に、みかんやメロンのような液状の果物また、よく熟れた果物は血糖値の上昇に関係しやすいと言われているので覚えておくとよいでしょう。

食べるのなら活動量の多い日中、それも食事のあとに少量程度がオススメです。

「果物なら大丈夫」と空腹時にたくさん食べたり食事の置き換えとするのはちょっと待った!です。

3・久しぶりの運動ならヨガやピラティスがオススメ

運動はちょっとお休みしていた、という人がいきなり筋トレやランニングをすると怪我をしたり身体を痛めたりする恐れがあります。

身体を動かし始めるのなら、ヨガやピラティスのようなゆったりとした動きでかつ自分自身で動きをコントロールできるようなものがオススメ。

ピラティス

腹部をねじったり圧をかけたりすることで内臓のマッサージができ、その機能を高める効果にも期待できますし、身体を動かすことへの感覚も取り戻しやすいでしょう。

オンラインレッスンに参加をしてみたり、動画を観ながら動いてみたり、心地よさを感じられるストレッチをおこなってみたりすることから始めてみてはいかがでしょうか。

よく「正月太りが落ち着いてからヨガを受けに行く」、と言う生徒さんがいらっしゃいますが、オンラインでカメラをオフにして参加できるレッスンも増えましたのでいろいろと調べてみては。

ちなみに筆者の場合は、ヨガの基本でもある“太陽礼拝”をよくおこなっています。全身が気持ちよくほぐれ、血行も促進されるので何をすればいいのか迷ったときの参考にしてみてください。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ