無料の会員登録をすると
お気に入りができます

品切れ前に[カルディ]に走れ!話題沸騰「塗るだけ◯◯パン」「伝説の激似系」調味料BEST3

グルメ

ハリッサを使って作ったのが「プレ・バスケーズ」というフランス料理。日本語に訳すと「鶏肉のバスク風(煮込み)」という意味です。その名の通り鶏肉をさまざまな野菜とともにトマトで煮込むのですが、辛みを効かせるのがポイント。

本場では現地で獲れる唐辛子を使いますが、今回はハリッサでアレンジ。我が家の定番料理です!
肉や野菜のうま味をたっぷりと味わえるこのレシピは、トマト料理の中でも一番のお気に入りです。ぜひ異国情緒あふれる食卓を、ご家族と一緒にお楽しみください!

伝説の「サイゼリヤ激似」を再現!万能調味料

最後は「暮らし整えアドバイザー」で、ヨムーノライターの海老原葉月さんが教えてくれました。

サイゼリヤで大人気の「アロスティチーニ」をご存知ですか?以前販売されるも、売れすぎて販売休止になったという伝説のメニューです。

「アロスティチーニ」とはアブルッツォ州の伝統的な料理で、ラムの串焼きのことをいいます。ジンギスカンと違って臭みが少なく、しっかりとした歯ごたえがあります。

サイゼリアの「アロスティチーニ」には”やみつきスパイス”と呼ばれている特製スパイスがかかっているのが特徴でした。
その”やみつきスパイス”にそっくり?なシーズニングを、カルディで見つけたんです!

”やみつきスパイス”に激似!?「羊名人」

羊名人(ようメ~じん) 40g  298円(税込)

ひつじ肉専用に開発されたスパイスミックス。唐辛子やごま、クミン、花椒、五花粉、ガーリック、こしょう、岩塩、砂糖などが入っています。

激辛にしか見えない赤さにビックリしますがご安心を♡見た目ほど辛くはなく、辛い食べ物が苦手な小学2年の息子でもどハマり中です(笑)!

本来アロスティチーニは羊肉ですが、手に入らなかったため鶏胸肉を使って再現してみました。

鶏胸肉をそぎ切りにし、こんがり焼き色がつくまでフライパンで焼きます。お皿に盛り付けて、「羊名人」を好きなだけふりかけるだけでOK!

食べてみると……ちょっと違う(笑)。確かに風味は似ているのですがなんだか物足りない感じがします。

そこで、自宅にあったドライローズマリーと岩塩を足してみたところ、ちょっと近づいた!(ような気がしました……)
ふわっと鼻に抜ける感じと、メリハリのある味になりました。

「羊名人」は他にも、コンソメスープやフライドポテト、から揚げ、野菜炒め、ポテトサラダなどにもピッタリです!
後からちょい足しもできるので、辛いのが苦手な家族がいても作り分けする必要なし!

カルディのやみつき調味料で料理の可能性無限大

いかがでしたか?
一般的なスーパーではなかなか見かけない、個性的な調味料でしたよね。
カルディのやみつき調味料を使ってぜひ、新しい味を見つけてみて下さい!

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ