無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「俳優とは付き合うな」鬼才アルベール・セラが女子に忠告するワケは?

エンタメ

普段、観たい映画を選ぶとき、出演する俳優やストーリーを基準にしているという人が多いと思いますが、ときには監督に興味を持ってから入るというのもオススメ。そこで今回ご紹介するのは、ついに日本で劇場初公開をはたしたこちらの方……。

『ルイ14世の死』を手掛けたアルベール・セラ監督!

【映画、ときどき私】 vol. 168

フランスにヴェルサイユ宮殿を建造し、“太陽王” とも呼ばれたルイ14世ですが、亡くなるまでの数週間を驚くべき観点で描いて、話題となっているのがスペイン出身のセラ監督。「21世紀の前衛」と呼ばれ、映画のみならず戯曲の執筆や映像によるインスタレーションなどで世界的に高い評価を得ている注目の鬼才です。

本作は長編4作目ではあるものの、日本の劇場で公開されるのははじめてとなるため、まだ監督については謎に包まれているところ。そこで、来日をしていた監督に直撃し、素顔に迫ってきました。

これまでに本作のHPやチラシなどで、サングラス姿の監督の写真を見た人のなかには、「アルベール・セラ監督とはいったい何者?」と感じた人も多いはず。

まずは監督自身のことをお聞きしたいのですが、そもそも映画監督になったきっかけを教えてください。

監督 26歳くらいのとき、多くの若者同様に僕も退屈をしていたんだ。つまり、大学に行って、ときどきアルバイトをして、夏休みには遊ぶという同じことの繰り返しで、年々その遊びが楽しくなくなることに気が付いてしまったんだよ。

そんなとき、2000年くらいの夏にデジタルが到来して、「映画を作ろう」と決めたんだ。なぜなら、デジタルなら古典的な映画産業を経由しなくても映画を作れるし、技術的にも簡単で安価だということもあったからね。ただ、大学では文学や比較文学、文学理論といったものを8年間学んでいたので、映画の勉強はしたことはなかった。でも、もともと映画は好きだったし、何か違うことをしたいと思って映画を選んだんだ。

映画作りに監督を駆り立てたものは何ですか?

監督 映画で何ができるのかということについては、いくつかの考えはあったけど、そのときの動機はあくまでも遊びみたいなもので、実は友だちとただ一緒に楽しもうと思っただけなんだ。そこに関しては、いまも同じかな。

でも、そういう楽しさがあるからこそ、いまでも監督を続けているのだと思うよ。お金を稼ぐためだったら、もっとほかの職業があるでしょ(笑)。僕はただ「人とは違う芸術家としての人生を生きよう」と思っただけで、それが驚くほど楽しいからここまで来たんだ。

遊びを追求している監督だけに、撮影スタイルも独自のもの。撮影前には読み合わせもリハーサルもせず、撮影初日に俳優と会って撮影をするという驚きのスタイルを取っているのも興味深いところ。

その瞬間にしか生まれないライブ感みたいなものを大切にしているのでしょうか?

監督 それもひとつの理由だけど、僕はシナリオのなかの登場人物だけに興味を持っているのではなくて、それを演じる俳優にも関心を持っているんだ。ただ、俳優というのは、ひとりだけではダメで、ほかの俳優と組み合わせてはじめて、本質が出てくるもの。

その人の虚栄心がどういう形で出てくるのか、というのがわかるのは、ほかの俳優と混ぜたときだけで、そこでより多くの可能性が見えてくるものなんだよ。

事前に作りこまないことには不安はないですか?

監督 テストやリハーサルは退屈だから、僕はそういうことはしない約束。しかも、もしそこで素晴らしいものを引き出せたとしても、カメラが回ってなければ何の意味もないし、本番のほうが悪いものになることもあるしね。俳優のインスピレーションはコントロールできないものではあるけれど、それを撮影で引き出すのが僕の役目なんだ。俳優というのは怠惰なところもあるから(笑)。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ