無料の会員登録をすると
お気に入りができます

もっとお部屋が好きになる♡過ごしやすいお部屋に導く、照明・電球の選び方

単に視界が良好になるというだけでなく、生活に安心や癒しをもたらす照明。快適な暮らしを維持するために、照明についてもう一度考えてみませんか。生活シーンにあわせてライトの色や照らし方を変えれば、おしゃれなで上質な空間が手に入るはずです。

インテリア

光の当たり方でお部屋の印象が一変。照明器具の種類を見てみよう

ひとことで照明といっても種類やスタイルは様々。手元を明るくできるもの、部屋全体を照らすものなど、それぞれの特徴を知ることが照明選びで失敗しないコツです。ここでは、「ペンダントライト」「シャンデリア」「ブラケットライト」「フロアライト」「テーブルライト」「シーリングライト」の6種類の照明器具について、光の当たり方や取り付け・交換しやすさなどをご紹介します。あなたにぴったりな照明器具を探してみてください。

テーブルの上を照らしたいなら「ペンダントライト」

まずご紹介するのは「ペンダントライト」。チェーンやコードで天井から吊り下げるタイプの照明器具です。テーブルやカウンターなど台の上を照らしたいときによく使用されています。シェード部分のデザインや素材、大きさによっては高額なものも。ダイニングなど、台の上をしっかり照らしたい場所におすすめです。

〈ペンダントライトの特徴〉
・ライトの下をしっかりと照らす
・デザインが豊富
・照明器具の高さによって光の印象を調節することも可能

〈主な操作〉
・壁付けスイッチもしくはプルスイッチ(引っ張り操作のスイッチ)

〈取り付け〉
・引掛シーリング(照明器具用の電源ソケット)が天井についていれば簡単に設置可能。ただしレールに取り付けるタイプのペンダントライトはレールを設置する必要あり

〈交換〉
・蛍光灯もしくは電球を使用。簡単に交換できるが高所の場合は注意が必要

いくつもの光を放つ『シャンデリア』

こちらは「シャンデリア」。豪華な照明器具という印象を持たれる方も多いかもしれませんが、シャンデリアとは、複数の灯具からなる吊り下げタイプの照明器具のこと。ガラスの装飾が施された豪華なものだけでなく、無骨なデザインものも存在し、価格も様々。また、引掛シーリングを使わず、天井に直接取り付けるタイプも。存在感があるため、シャンデリア一つでお部屋の雰囲気をガラッと変えることができますよ。

〈シャンデリアの特徴〉
・圧倒的な存在感でインテリアの主役になる
・デザインによっては360°照らすことも可能

〈主な操作〉
・壁付けスイッチ

〈取り付け〉
・引掛シーリングが天井についていれば簡単に設置可能。ついていない場合は電気工事が必要

〈交換〉
・多くの電球を使用するためやや面倒

空間をクラスアップさせる『ブラケットライト』

「ブラケットライト」とは、ホテルのお部屋などでよく見かける、壁面に取り付ける照明器具。光を壁や柱に当てて意図的に明暗をつくる『間接照明』として使用できます。賃貸住宅では新たに設置しにくいため、憧れの存在。

記事に関するお問い合わせ
オリジナルサイトで続きを読む