無料の会員登録をすると
お気に入りができます

月2万節約も夢じゃない![誰でもできる]見直すべき「固定費ベスト3」お金のプロが解説!

ライフスタイル

固定費の削減

www.photo-ac.com

節約のために固定費を削減したいと思っていても、「どこから見直せばいいの?」「簡単に削減できる固定費は何?」など、なかなか重い腰が上がらない人もいるのでは?

実は、家計の固定費の割合は思った以上に高いことが多いもの。「これぐらいは当たり前」と思っていた固定費が、いつの間にか家計を圧迫……。そんなことにならないように、今一度「固定費の見直し」から始めましょう!

ズボラ女性にこそ見直してほしい固定費とは

www.photo-ac.com

「固定費を削減したいけど、手続きが面倒くさいのよね」なんて思ってしまう人は、以下の固定費の見直しから始めるのがオススメです。

1通信費の見直し
2保険の見直し
3その他の固定費の見直し

ひとつずつ詳しく紹介しますね。

1通信費の見直し

ズボラ女性に見直してほしい固定費のNo.1は、何といっても「通信費」です。

「もう充分に見直したよ……」という人もいるかもしれませんが、今一度見直しをしてみましょう。

実は、大手キャリア各社から新しい料金プランが続々と発表されたり、総務省が携帯電話の料金プランを見直すようユーザーに呼び掛ける「携帯電話ポータルサイト」(暫定版)が公開されたり、携帯電話の料金プランは今が見直し時なんです!

しかも、サポートがしっかりしていればプランの変更は電話一本でやってもらえることも多いもの。相談すれば、最適なプランを教えてもらえます。

自分の携帯電話だけでなく、パートナーや子どもの携帯電話も契約しているなら、丸ごと見直しましょう。

意外と忘れがちなのが子どもの携帯電話の「学割」の申し込みです。「学割」があるキャリアでも、申し込みをしないと適用されていないこともあるので注意してください。

大きなお子さんがいるご家庭だと、携帯電話に月3万、4万といったまとまった金額を支払っていることも多いのですが、月1万円前後で済んでいる節約上手なご家庭も。通信費の節約だけでも、月数万円の差がついていることもよくあります。

2保険の見直し

ズボラ女性に見直してほしい固定費のNo.2は「保険」です。

「生命保険」は、人生において2番目に高い買い物ともいわれています。子どもがまだ小さいころに契約したままの生命保険などは、今見直しをすると意外と安くなることも。また、節約が苦手な方の中には意外と「車の保険」が高い方も多く見られます。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ