無料の会員登録をすると
お気に入りができます

働く主婦の3割以上が移住を検討? 移住したい理由・したくない理由それぞれの声

ライフスタイル

2020年4月、新型コロナウイルス対策で1回目の緊急事態宣言が発出されてから10ヶ月以上が経ちました。現在は感染再拡大を受け、2度目となる緊急事態宣言の最中で、未だ解除されていない状況です。コロナ禍の暮らしが続き「今いる場所から移住して新たな暮らしを始めたい」と考えたことがある人もいるのではないでしょうか。

33.5%の人が「コロナ禍を機に移住を考えたことがある」

出典:しゅふJOB総研「コロナ禍と移住に関する調査」

しゅふJOB総研が、「コロナ禍と移住」をテーマとしてアンケート調査を実施。コロナ禍を機に移住を考えたことがあるかと質問をしたところ「考えたことがあり、実行するつもり」という人が5.6%、「考えたことはあるか、実行予定はない」という人が27.9%という結果に。合わせて33.5%の人が、コロナ禍を機に移住を考えたことがあると分かりました。

移住を実現したい理由は「住環境やコミュニケーションを重視したいから」

コロナ禍を機に移住を考えたことがあり、実行した、もしくは実行予定の人に、その理由を問うと、

・親や子供達と離れて暮らしているため、中々会えずにいたので、転居して、転職予定。しかし、一緒に暮らすことになるので、ある意味安心(50代:青森県)
・親の近くに引っ越した(50代:神奈川県)

など、親や友人と会いやすい環境を優先したいと考えている人や

・2人の息子には、できるだけ早く、海外に出て、そこで自身の能力を生かすよう伝えているし、息子たちの周囲も、優秀な子たちが次々と海外に出始めている(50代:埼玉県)
・マンションのような共同住宅だと、子供の声や走り回る音などが騒音となり近隣に迷惑をかけてしまうため、戸建てを購入して子供も周囲にとってもストレスとならない環境にしたいと思った(30代:東京都)

と子育て環境を重視している人、

・どうせ生活するのであれば、大好きな場所・空気・環境のところで生きていきたい(50代:愛知県)
・東京23区は人間関係が希薄で、一緒に働く意欲が低下する(40代:東京都)
・東京のマンション暮らしでは絶対に適わなかった事が田舎では出来る(50代:山梨県)

利便性を重視して都心で暮らすよりも、郊外でゆったりと過ごしたいと考えている人、

・以前から考えていた事が、やっと世の中がついて来た。テレワークで出来る仕事は何処で働いてもいいと思うし、効率が良いと思う(50代:神奈川県)

どこにいてもテレワークで仕事ができる時代になったと感じている人もいました。

移住を検討しつつ実行できないのは「仕事の都合」

コロナ禍を機に移住を考えたことはあるものの、実行予定はないと回答した人に理由を問うと、

・テレワークが定着するとは限らないため、移住は難しい(60代:埼玉県)
・テレワークなど出社しなくても構わない職種なら考えたかもしれないが、我が家の場合、それは叶わない(40代:神奈川県)
・環境の良い所に住むのが最適だけども、やはり仕事は首都圏が多い(40代:東京都)

といった、仕事を継続するために、現在住んでいる場所を離れることが難しいという意見が多数挙がりました。また、

・息子が高校受験のため、実行できずにいる(50代:神奈川県)
・娘のところに住めば、安心(60代:宮城県)

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ