無料の会員登録をすると
お気に入りができます

自分らしく快適に暮らす。1DK・1LDK一人暮らしのおしゃれなインテリア

インテリア

一人暮らしで広い部屋に住むメリット・デメリットって?

www.goodrooms.jp

もっと広い部屋に住みたい!と誰もが考えたことがあるのではないでしょうか。そもそも、広い部屋での一人暮らしにはにどんないいことがあるのか、メリット・デメリットを併せてご紹介します。

メリット1:家具が配置しやすい

一般的な20~25平方メートルのワンルーム・1Kのお部屋では、ベッドやデスク、ソファなどを置くといっぱいに。部屋のサイズや間取りに合わせて、必要なものを厳選しなくてはいけません。
1DK以上のお部屋なら、ベッドルームにはベッドだけ、リビング・ダイニングにダイニングテーブルやソファを置くことができます。また、配置に余裕もできるので、気分転換に模様替えをして楽しむことも可能です。

メリット2:仕事・就寝のオンオフの切り替えがしやすい

www.goodrooms.jp

在宅での仕事は、ワークスペースがきちんと整っていないと集中しづらいですよね。広い部屋だと、ダイニングテーブルや仕事用デスクを置けるだけでなく、寝る・食べる・仕事をするスペースを分けることができるので、オンオフの切り替えができ、集中力が高まります。

メリット3:収納が増え、すっきりとした部屋づくりができる

www.goodrooms.jp

広さに余裕のあるお部屋では、クローゼットや押入れ、それにキッチンの吊り戸棚などの収納スペースも、それに合わせて大きくつくられていることが多いです。
生活感を感じるアイテムは収納の中に全て隠して、すっきりとした部屋に整えることができます。スペースが広く持てるので、インテリアにこだわりがある方はお気に入りの家具やインテリアを飾れて、部屋づくりを楽しむことができますよ。

デメリットは?

デメリットで言うと、以下が想定されます。

・家賃や光熱費がかかる
・掃除が大変になる
・家具を揃える必要がある

一番大きなデメリットは、やはり金銭面です。家賃を抑えながら広い部屋に住むためには、少し郊外のお部屋を探すか、駅からバスなど少し離れているお部屋も検討してみるとよいでしょう。
また、意外に大変なのが家具を揃えること。ワンルーム・1Kから広い部屋に引っ越すと、空間が余って殺風景な印象になりがち。
そこで、1DK・1LDKの広い空間を思いっきり有効かつオシャレに活用している、一人暮らしのインテリアを見ていきましょう。

広すぎず狭すぎず。自分にとっての「ちょうど良い」1LDK

引っ越しをきっかけに暮らしやすさを見つめ直す

www.goodrooms.jp

現在メゾネットタイプの1LDKに住むjifuさん。都会から地方に移住したことをきっかけに、仕事が忙しく二の次にしていた「暮らしやすさ」を見つめ直したのだそう。
「今の住まいは広すぎず、狭すぎずなところが気に入っています。仕事も変わり在宅で行えるものが多くなったので、温かみがあり落ち着ける部屋を意識しながら、自分らしさも消えないように気をつけています。」
部屋探しでは、やみくもに広さや機能性を求めるのではなく、自分が生活する姿をイメージして丁度良いスペックを考えることが重要です。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ