無料の会員登録をすると
お気に入りができます

衝撃映像に興奮! 映画『クレイジー・フォー・マウンテン』が限界に挑む

エンタメ

ジェニファー・ピードン監督!

【映画、ときどき私】 vol. 178

これまでにも数々の山岳ドキュメンタリーで高く評価されてきたピードン監督ですが、今回手掛けたのは、エベレストやモンブランといった世界屈指の山々で繰り広げられる衝撃の瞬間を映し出した話題作。

ロープもつけずに断崖絶壁を登頂するロッククライマーなど、超絶映像の連続には思わず息が止まってしまうはず。そこで、撮影秘話から悩みを乗り越えるためのアドバイスまで、幅広く語ってもらいました。

予想外の成功をもたらした理由は?

―本作はオーストラリアでは、2017年のドキュメンタリー部門でNo.1の大ヒットとなりましたが、これだけの成功を予想していましたか?

監督 正直言って、これだけ多くの人の心に響いたというのは驚きだったわ。というのも、この映画は、自分の作品というよりもオーストラリア室内管弦楽団から委託を受けて作ったコラボレーション作品。つまり、コンサートをするときに一緒に流す映像を作るということで始まった企画だったので、興行収入や成功というものに関してはまったく考えずに作っていたのよ。

でも、「せっかくだから映画館でも上映できる作品にしよう」と発展したのが、今回の映画なんだけど、映像と音楽でどこまでできるかというチャレンジでもあったわ。だから、それが結果的に多くの観客に届いたのはうれしいことよね。

―ということは、山好きだけでなく、それ以外の方からも反響があったということですか?

監督 そうなのよ。なぜなら、そもそもオーストラリアは山が少ないし、山好きだけではこれだけの成功にはならなかったと思うわ。だから、山好き以外の方もたくさん観に来てくれて、気に入ってくれたというのは大きかったわね。

たとえば、スリルを求めている若者からクラシック音楽が好きな方、それから哲学的な側面を持つナレーションに惹かれたという方まで幅広い人たちがいろいろな形で楽しんでくれたのよ。あとは山というのはあくまでも比喩であって、生きるうえでの困難をどういうふうに乗り越えていくかということを考えさせられる部分もあるので、そこもみなさんに響いたのかなと感じているわ。

圧倒的な映像に臨場感がスゴすぎる!

―この作品の魅力は何と言っても圧巻の映像ですが、いったいどうやって撮影しているのかと思うシーンの連続でした。撮影で苦労したことはありますか?

監督 今回は、ドローンや空中撮影、カメラマンも一緒に登りながらの撮影もあったけれど、こういう環境で撮影するのは難しいし、とても厳しいこと。たとえばオープニングの岩壁を登っているシーンなんて、カメラマンはロープでつるされた状態で撮影しているくらい過酷なのよ。

あとはヒマラヤでは標高が高すぎて空気が薄いから、ドローンやヘリコプターのプロペラが機能しなくなってしまうのも大変だったわ。だから、今回は私が撮り下ろした映像以外にも、撮影監督がこれまで撮りためていたものや彼の知り合いの登山家の方々が自ら撮影した映像を借りて構成していくことにしたのよ。

―では、完成までにかなりの量の映像をご覧になったんですね。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ