無料の会員登録をすると
お気に入りができます

毎日の掃除にちょこっとプラスで清々しく暮らそう!「小掃除」を始めてみませんか?

インテリア

主婦は家事に育児に仕事にと、毎日忙しくて基本的な掃除しかできない日もあります。それなら余力のあるときでもいいので、小掃除をプラスしてみてはいかがでしょうか。特にルールはなくちょっとした掃除でもいいので、掃除が苦手な方も続けられそうですよ。今回は、小掃除の実例についてご紹介します。

komame.m

主婦は家事に育児に仕事にと、毎日忙しくて基本的な掃除しかできない日もあります。それなら余力のあるときでもいいので、小掃除をプラスしてみてはいかがでしょうか。特にルールはなくちょっとした掃除でもいいので、掃除が苦手な方も続けられそうですよ。今回は、小掃除の実例についてご紹介します。

サッシの掃除

結構汚れが溜まっている窓のサッシですが、家中の窓をまとめて掃除しようとすると大掃除になってしまい、億劫になります。

日によって場所を分けて、小掃除にすると綺麗を保ちやすいですよ。

これからの季節、窓を開ける時間も長くなるので、サッシも綺麗にしておきたいですね。

実例のように専用の掃除機ブラシをつけると、もっと気軽に掃除できそうです。

電気ケトルの掃除

お湯の沸きが早く、何かと便利な電気ケトルですが、水垢やカルキが結構溜まっていませんか?クエン酸を入れて沸かすだけで、綺麗になりますよ!

しかも沸かしたクエン酸水は、お風呂の排水溝掃除など、重曹とともにナチュラルクリーニングに使い回せるので無駄がありません。

セスキ水と軍手でブラインド掃除

普段何気なく使っているブラインドも、気づけばホコリが溜まっています。

ブラインド用の掃除ブラシで掃除するのもいいですが、もっと簡単に。

軍手をはめた手にセスキ水をスプレーし、ブラインド1枚1枚を挟むように滑らせていきます。

手指をそのまま使うので、細かい部分までピカピカに!掃除が終わると驚くほど軍手が汚れているかもしれませんが、達成感も感じられそうですよね。

アルコールで浴室を除菌

お風呂場のカビ防止には、アルコールで壁や天井を拭くのがベスト。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ