無料の会員登録をすると
お気に入りができます

東京湾の新たな風物詩!「東京花火大祭〜EDOMODE〜」が開催!

旅行・おでかけ

東京花火大祭制作委員会(委員長:石嶋洋平)は、2018年8月11日(土・祝)お台場海浜公園にて、“東京花火大祭~EDOMODE~” を開催します。“東京花火大祭~EDOMODE~”は、江戸時代から伝わる顔見せの文化のように、日本トップクラスの花火師が一堂に会する花火大祭。また、東京を象徴する音楽、食、芸能、テクノロジー等のさまざまなコンテンツとフュージョンし、東京の新たな夏の一大イベントとして、世界に向けて発信します。

出演花火師紹介

“東京花火大祭~EDOMODE~”には、内閣総理大臣賞受賞クラスの日本を代表する花火師が集結します。東京の花火大会でこのような花火師が集うのは初の試みです。

〔 花火師紹介① 〕 株式会社紅屋青木煙火店

~日本で初めて八重芯の割物を打ちあげた老舗~

1905年の創業以来、高精度かつ革新的な花火の製造に取り組む。八重芯変化菊やヤシの木などオリジナルのさまざまな花火を開発し、「内閣総理大臣賞」を2度受賞するほか、全国各地の花火大会での優勝実績を持つ。

また初代青木儀作から3代にわたり、日本の花火業界の技術向上や国内・国外へ日本の花火を発信することを目的とする日本煙火芸術協会の会長に就任し、自社の発展のみならず、日本の「花火」という伝統文化財を育成することに 取り組んでいる。 近年は花火の演出面にも注力しており、特に音楽を使った演出は全国の花火大会において高い評価を得ている。

〔花火師紹介②〕 株式会社マルゴー

【担当花火師】斉木 智
~玉の輝きは最上級、今もっともノリにのっている業者~

2017年は伊勢神宮花火競技大会で優勝。過去にも大曲、土浦など多数の優勝経験あり。テレビ番組でも密着取材されるほど注目を受けている。

市川團十郎ゆかりの地でもある、歌舞伎の町「市川三郷」の花火業者。引田天功のステージ花火専属で、引田氏のステージイメージに合わせたオリジナル商品の開発やプロ野球オールスターゲームなども担当している。

日本三大花火のひとつ「長岡花火大会」は基本的に地元の業者が担当するが、株式会社マルゴーと野村花火工業株式会社は地元外の業者として毎年呼ばれている。劇場型花火とも言われる場面展開の上手さ、高く打ちあがる勝負玉の数々、宝石を散りばめたかのような独特の千輪、長く余韻を残す燃焼時間のコントロール打ち上げの絶妙なテンポが魅力。

◯市川三郷は市川團十郎宗家発祥の地。歌舞伎文化公園には歌舞伎に関する資料や歴代團十郎の紹介、市川家ゆかりの歌舞伎十八番「助六由縁江戸桜」の舞台が再現されている。
◯市川三郷町の前身である市川大門町は、かつて武田氏の軍事用狼煙(のろし)の生産地であった。

「市川の花火」は、江戸時代日本三大花火のひとつとされていた。

〔 花火師紹介③ 〕 株式会社イケブン

~製造から演出まで花火の全てをプロデュースする、花火の総合商社~

全国から選ばれた28業者のみが参加できる、全国花火競技大会「大曲の花火」の第89回大会で最高栄誉の「内閣総理大臣賞」を受賞。同年(2016年)長崎県ハウステンボスにて開催された「第8回世界花火師競技大会」においても優勝。初出場ながらも世界一に輝く。その他数々の花火大会において最優秀賞を獲得している。

花火×音楽をシンクロさせる「デジタルスターマイン」を20年前から導入。最先端の花火シミュレーションソフトを使い、打ち上げシーンを事前にシュミレーション。より満足できる演出

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ