無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ワンルームで在宅ワーク。デスク配置の上手なインテリア実例まとめ

インテリア

リモートワークの推奨で、小さなお部屋で仕事をしなければいけない機会も増えましたよね。上手にデスクを配置している1K・ワンルームのインテリア実例をまとめます。

高さでオン/オフを切り替える

普段は住宅の設計会社に勤められているblue_vesselさん。ご自身の住まいの中でも暮らしに対して工夫をされているようです。

「元々は床にテーブルを置き、座って食事などの生活をおくっていたのですが、日々の生活の目線を上げるべく、ベット購入を機会に今のダイニングテーブルで椅子に座るスタイルへ変えました」

「仕事の中でもそうなのですが、生活の中で高さの段階を付ける設計を提案しています。私の家でいうとキッチンからの導線の中で、床に座るとなると極端に高さが変わるため、ダイニングテーブルへ、そこからチェアやベットへと徐々に目線が下がるようにしています」

お気に入りのチェア、IKEAのポエングはリラックス出来るスペースの1つだそう。「購入する前はダイニングテーブルで雑誌を読んだり、ゲームをしたりしていましたが、目線の高さが異なるスペースが別に出来ると気分の切り替えにもなって良いですね」

デスクとソファの向きでオン/オフを切り替える

「リビングの配置はダイニングテーブルとデスクで視界に入る面を対面にすることで、気分の切り替えができるようにしています」というのは、デザイナーズのワンルームに暮らすyoshicoriさん。

ソファでくつろぐ時と、デスクで集中するときに見える壁の面を反対に。

ワークデスクからは余計なものが目に入らず、ソファでくつろぐ時には漫画やお気に入りの雑貨など好きなものが目に入るように、工夫して配置していらっしゃいます。

くつろぎスペースは別につくる

普段は会社員として働かれている_oooo1221_さん。家具の配置がしやすい正方形の間取りと静かな通りに面していることから選ばれた住まいには、本棚に収まりきれないほどのたくさんの本がありました。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ