無料の会員登録をすると
お気に入りができます

毎日の日焼け止め、「グーで塗る」といいことあるって知ってた?

メイク

目元の小ジワ、段になったお腹、ボリュームが減ってきた髪の毛……ふとしたときに「老い」を感じること、増えていませんか?

そんなあなたのために、「貼るだけ」「はくだけ」「つけるだけ」など、お金も手間もかけずに“老化が止まる!”ここだけの美容法を教えちゃいます!

シミ・シワ、たるみや肌荒れが気になるなどの、顔老け対策は「洗顔」「保湿」「UVケア」が三本柱に。いつものスキンケアをちょこっと見直すだけで、頑張らないのに老けない肌が叶います。

そこで今回は、老けないUVケアのテクニックやアイテムのご紹介です。

シミやシワが気になるという人も多いかと思いますが、毎朝UVケアをしていますか? いくらお高い美容液でケアしても、老けの元凶である紫外線を浴びていたら肌老化は絶対に止まりません。まずは日焼け止めを塗ることからはじめましょう!

美白美容液での予防も効果的ですが、やはりお値段が気になるし、老けの原因である紫外線こそしっかり防ぎたいところ。だったら、SPF30以上のコスパの良い日焼け止めを毎朝きちんと塗って、まずはシミやシワを増やさない徹底ケアをしましょう。

外の天気を見て「今日は日焼け止めを塗らなくちゃ」と考えると面倒ですが、毎日のスキンケアに組み込んでしまえば断然ラクに。保湿と日焼け止めはセットで考えて。

美肌の秘訣は、日焼け止めをたっぷり隙なく塗ること。プロが推奨する「スタンプ塗り」なら、ムラなくキレイに仕上がり、肌をこするリスクも最小限。しかも手早く塗れるから、時短にもなるんです。

手を握り、親指と人差し指の間のくぼみに500円玉大の分量の日焼け止めを出します。

グーとグーを合わせて両手に日焼け止めを付け、スタンプのように顔全体に置きます。

顔に点置きした日焼け止めを、手の甲でポンポンしながら徐々に広げていきます。

顔をこするとシワの原因になるため、目元は中指の先でやさしくトントン伸ばします。

額や鼻先などの高い部分は日光に当たりやすいため、重ね塗りするのがベター。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ