無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[無印良品]で買えるおすすめ防災グッズ5選 | 東日本大震災から10年、日常生活用品を防災対策に役立てる工夫を大公開(永久保存版!)

ライフスタイル

東日本大震災からまもなく10年。地震だけでなく、風水害や火山災害などのさまざまな自然災害が発生しやすい日本で生活していくためには、常日頃からの防災対策がマスト。これまでの数々の被災経験を踏まえながら、ひとりひとりが常に高い防災意識を持ち「いつ起こるかわからない大規模災害に備えて、ふだんのライフスタイルや生活必需品を防災の観点から改めて見直そう!」という動きが広まっており、そうしたアクションをリードしているのがみんな大好き【無印良品】です。

同封されている説明書で使い方をチェック。汚物袋を1枚カバーとして便器にセットし、その内側に排泄物収納用の汚物袋をもう1枚重ねて2重にしてから、底に吸水シートを1枚敷いて用を足します。1回ごとに1枚使用し、4枚ほど重ねたら内側の汚物袋を閉めて新しいものに交換します。ニオイ防止のため、使用済みの汚物袋も、ゴミ回収用の汚物袋1枚に入れておくのがおすすめだそう。

キャンドル・ミニ 無香タイプ 1セット(12個入り)

1個あたり約4~5時間燃焼するミニキャンドルが12個セットに。ろうはアルミホルダーに入っていますが、使用するときは、底が平らなキャンドルホルダーやお皿・グラスなどの中に入れて炎をカバーしながら使うと安心です。個別でも販売されているので、¥290で12個買い足しもできますよ◎。ライターやマッチなどの点火グッズも合わせて備えておきましょう。

巻いて結べる長タオル・極薄手 生成 1枚

綿100%の極薄手タオル(幅34×長さ110㎝と長め丈)も1枚入っています。片面がパイル地・もう片面が平織り仕様で使いやすいうえ、極薄手なので、首や頭に巻いたり、バッグのストラップなどにキュッと結んだりして使うのに便利ですし、洗ってもすぐに乾きます。なお、これも2枚セット¥499で購入できます。

撥水サコッシュ 黒 1個

生地表面に雨水を弾く撥水加工を施した、軽くて丈夫なサコッシュです。サイズは高さ20×幅24㎝。マチはありませんがなかなかの大容量で、現金や携帯電話・自宅の鍵・印鑑・身分証明書・保険証・クレジットカードや銀行カード各種(停電中は使えませんが...)など、絶対濡らしたくない貴重品をまとめて入れ、たすき掛けして肌身離さず身につけておくと安心だと思います◎。長さ調節が可能なショルダーストラップを外し、ポーチとしても使える2Way仕様。¥990で個別にも販売されている人気商品です。

コンパクトヘッドライト 1個

額や手首に装着して視界を明るく照らし、ハンズフリーで動ける、軽量でコンパクトなヘッドライトがあれば、夜間や暗いところでの行動範囲が広がり、安全度も格段にアップします⤴️。【無印良品】のヘッドライトの光源は、高輝度チップタイプ白色LEDライト。防滴仕様です。¥990で個別販売もされています。

ライトの角度を3段階に切り替えられるうえ、厚さ1㎝未満のものになら、あちこち挟んでクリップライトとしても使えます。ボタン電池式で、リチウムボタン電池CR2032が2個ついており、点灯時間は連続で約15時間、点滅で約140時間持続します(裏のくぼみにコインなどを差し込んで電池カバーを開閉します)。なお、付属の電池はテスト用のため、あらかじめ電池を2個買い足しておくとより安心だと思います。

エマージェンシーシート 1枚

ふだんの生活ではなかなかなじみがありませんが、いざというとき役に立つ防災用品として必携のエマージェンシーシート(アルミブランケット)も1枚入っています。

折りたたんだ状態だと手のひらサイズですが、広げると約130 × 210㎝もの大判サイズになります。アルミ蒸着ポリエチレン製で、とても軽くペラペラと薄いのですが、保温・防寒・防水効果に優れていて、いざというときに体全体を覆うようにしてくるまるとめちゃくちゃあったかく、毛布がわりになるんです! 簡易レジャーシートや防水シートなどとしても使えます。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ