無料の会員登録をすると
お気に入りができます

一日過ごせるブックカフェ。六本木「文喫」レポ

旅行・おでかけ

美味しい食事やコーヒーを味わいながら、誰にも邪魔されず好きなだけ読書ができる。そんな贅沢な時間が過ごせるブックカフェが、2018年12月六本木にオープン。入場料平日1,500円(税抜)、土日祝日1,800円(税抜)を支払うと、時間制限なしに一日中利用できるシステムで、店内には喫茶スペースもあるのだとか。読書に没頭するのにピッタリなブックカフェ「文喫」をレポートします!

【おでかけ時のポイント】

・居住地やおでかけ先の都道府県の要請に従って行動しましょう
・体調に不安を感じるときは外出を控えましょう
・なるべく少人数で空いている時間に行きましょう
・周囲の人との距離をできるだけ保つようにしましょう
・マスクを着用し、手洗いは小まめに行いましょう

30,000冊の品ぞろえ。テーマは「本と恋する場所」/文喫

六本木駅から徒歩約1分。本好きさんには有名な、青山ブックセンター 六本木店の跡地に2018年12月、オープンしたのがブックカフェ「文喫(ブンキツ)」です。
入口で入場料平日1,500円(税抜)、土日祝日1,800円(税抜)を支払うと、店内に用意された約30,000冊の本を自由に読むことができ、こだわりのコーヒーと煎茶が飲み放題。制限時間はなく一日中利用できる、一人時間を過ごすのにピッタリなブックカフェです。
入場料のあるブックカフェなんて、一体どんな場所!?少しドキドキしながらお邪魔してきました♪

店内に入ると、開放感のある天井の高いエントランスが広がっています。スタイリッシュで、なんだか本屋さんのイメージと違いますね!

入口右側は、展示スペースになっています。取材した2月のテーマは、バレンタインに合わせて「恋」。展示は毎月変わるとのこと♪

その先に進むと、90種類もの雑誌が壁一面にズラリ!実は、ここまでは誰でも無料で入れるゾーン。

雑誌が置かれた棚を開けると、中にはさらに本が! 扉に置かれている雑誌のテーマをさらに深掘りできる本が入っているとのことで、この棚は赤い表紙の本が集められていました。

棚の前に平積みされていたのは、展示中の「恋」をテーマにした本たち。本を手にするのは、当日、受付をされていたスタッフさん♪ 実はセレクトしているのは、読書愛好家でもあるスタッフさんなのだそう!
スタッフが思い思いに「恋」を捉えて選書しているので、きっと今の自分にピッタリの本が見つかるはず!

雑誌スペースの向かいは、レセプション(受付)です。あれ?よく見たらこのカウンター、原稿用紙のデザインになっています♪

入場料を支払い、スタッフから入場バッジを受け取ったら、さっそく中にレッツゴー♪

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ