無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[渋谷区最大級]「ダイソー」が渋谷マークシティにオープン!新業態「スタンダードプロダクツ」も

100yen

こんにちは、ヨムーノ編集部です。

ダイソーの新業態「Standard Products」オープン!
ダイソーは、「ちょっといいのが、ずっといい。」をコンセプトとした新業態「Standard Products by DAISO(スタンダードプロダクツ バイ ダイソー)の1号店を2021年3月26日(金)渋谷マークシティ1Fに開店します。
同フロアには、渋谷区最大級の「ダイソー」も同時オープンいたします。

ここでは、その概要をご紹介しています。

Standard Products by DAISO

「Standard Products」は、環境やライフスタイルの変化に伴う、良質で心地いい製品を長く使いたいというニーズの高まりにお応えし、普段の生活で使う日用品をちょっと楽しく、との思いで生まれた生活雑貨の新ブランドです。

組み合わせて使える収納ボックスなどのリビング用品、食器などのテーブルウエア、バッグや服飾、雑貨などStandard Productsのオリジナルアイテム約1,300品を取り揃える予定です。

アイテムの価格帯の中心は、300円とし、ダイソーが展開する「THREEPPY」など300円ショップとは異なるアプローチにより、300円ショップ市場のさらなる拡大を目指します。

▲ブランドロゴ

年齢・性別を問わず、生活に取り入れやすいベーシックで洗練されたデザインに特化し、新しいスタンダードのあり方を提案します。

買いやすさや使いやすさはもちろん、季節に合わせた素材や色などを取り揃えた商品のほか、今後は環境に配慮した素材など、サスティナビリティや環境問題を意識した商品開発を強化し、年間約500アイテムの開発、オンラインショップでの取り扱いも検討してまいります。

コンセプト

「ちょっといいのが、ずっといい。」
どこにでもありそうだけど、ちょっといい。
買い揃えたり、買い替えたりが、自由に気軽に楽しめる。それがお客さまにとって「ずっといい」になっていく。

商品について

収納ボックスなどのリビング用品、食器などのテーブルウエア、トートバッグなどの服飾雑貨など約1,300品を取り扱い、全てStandard Productsのオリジナル商品となります。

カテゴリーを超えて質感を統一、カラー展開も絞り込み、コーディネートのしやすさ、揃えやすさが特徴です。
価格帯は300円(税込330円)を中心に、500円(税込550円)、700円(税込770円)、1,000円(税込1,100円)です。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ