無料の会員登録をすると
お気に入りができます

嚴島神社を望む神の島。100年を超える老舗温泉旅館で心の贅沢を

旅行・おでかけ

浴場に用意されている塩で身体を清め、潮湯温泉に浸かった後で、神社へ参拝に行けばより清々しい気分に。心も身体もすっきりとリフレッシュでき、日帰り温泉としても人気です。

「宮島潮湯温泉 錦水館」で広島の美食を堪能

素材の味を活かした会席料理

県内で採れた食材を70%以上使用して作られる「宮島潮湯温泉 錦水館」のお料理は、旬な食材を新鮮な状態でいただける贅沢さが自慢。お部屋食・レストラン食を選べる夕食は、季節の味を楽しむ会席料理を心ゆくまで堪能できます。

食材や味付けで広島らしさを表現するように丁寧に調理された品々は、目にも舌にも嬉しい逸品ばかり。瀬戸内海で採れた魚介類や上質な広島牛、地元の有機野菜が持つ本来の味を活かした、思い出に残るディナーをどうぞ。

こだわりのブランド米で健康的な朝食を

地産地消にこだわった和朝食。お米は広島県三次市にて、20年もの土壌改良の末に誕生したオリジナルブランド米「竹炭米」を毎朝釜で炊き上げています。

また地元の新鮮な野菜を使用したサラダはセルフバイキングの形で。瑞々しいお野菜を好きなだけいただけます。美味しくて健康的な食事で、素敵な1日をスタートさせましょう。

宮島名物の穴子飯は「まめたぬき」で

「宮島潮湯温泉 錦水館」内にある宿屋食堂&バー「まめたぬき」は、古い町家をイメージして造られたお食事処。広島の銘酒や一品料理を気軽に楽しむことができます。

看板メニューは「穴子の陶箱飯」。実は宮島近郊の瀬戸内海は、かきや穴子の漁場として全国的に有名で、その他にも「穴子の白焼」や「かきフライ」など、お酒のお供が沢山。ランチメニューも豊富に揃っています。

宮島唯一のブックカフェも併設

「宮島潮湯温泉 錦水館」の宿主は、大の読書好き。館内には、そんな宿主が集めた宮島に関する書籍から最近話題の本まで並んだブックカフェスペースが作られています。

散策の合間や館内での空いた時間に気軽に立ち寄れる、宮島で唯一のブックカフェ。フリードリンクをいただきながら、のんびりと読書タイムを楽しんでみませんか。

瀬戸内海を正面に望む「フロントロビー」

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ