無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[神ツール]栄冠はニトリ! フライパンにやさしいです[LDK]

インテリア

計量カップやおろしがね、ピーラーなどなど、お家に必ずある定番のキッチンツール。地味な存在で、昔いからずっと買い替えていないというお宅も多いのではないでしょうか。

でもじつは、キッチンツールも着実に進化。ラクで使いやすく改良されています。使いにくさを感じているなら、今こそ替え時かもしれません。

今回は数あるキッチンツールの中から、SNSで話題の製品や注目の新商品を200点ピックアップ。類似品と比較・検証しました。ストレスなし、ラク~に調理できるツボを押さえた優秀アイテムだけを紹介します!

何かと使用頻度の高い「ターナー」。フライ返しとも言いますね。

どれも同じでしょ?と思いきや大間違いです。良いアイテムを使えば、毎日のお料理が快適になりますよ! 今回は「お手入れ」「使いやすさ」の2点に注目。正直にレビューします。

あわせて、アク取りに便利なアイテムもご紹介します!

ステンレスやナイロンよりも、返しやすいのはシリコンタイプです!密着度の高いシリコン素材で手にフィットするから、安定してひっくり返せます。

手にフィットするから返しやすい!厚みがあって持つのもラクです。

ニトリ
シリコーン
ターナー GY
実勢価格:508円
SPEC ● 耐熱温度 約180℃

公式サイトで見る

▼テスト結果
お手入れ :◎
使いやすさ:◎

ベストバイに輝いのは、ニトリ「シリコーンターナー GY」でした。

ターナーは素材と先端の角度が重要です。ニトリはやや厚みのあるオールシリコンで、しっかり手にフィット! 先端が薄いから食材を崩すことなくスッと返せるのも好評でした。

ちゃんと返せてフライパンにもやさしいです!

先端が薄く、食材が崩れません!

カインズ
キズが付きにくいターナー
実勢価格:698円
SPEC ● 耐熱温度 約220℃

公式サイトで見る

▼テスト結果
お手入れ :△
使いやすさ:○

カインズ「キズが付きにくいターナー」は傷つきにくいけどお手入れしづらいのが残念。段差が多く洗いづらい印象でした。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ