無料の会員登録をすると
お気に入りができます

今年は短め!?[2021年ゴールデンウィーク]連休前に「絶対やっておくべき!」5つのこと

ライフスタイル

年が明けて、気候が暖かくなってくるとレジャーやお出かけを楽しみたくなりますよね!そんなとき気になり始めるのが、今年のゴールデンウィークは何連休なのかではないでしょうか。

そこでこの記事では2021年のゴールデンウィークはいつからいつまでなのかをご紹介します。

短めの2021年ゴールデンウィークを少しでも長くするためのコツや豆知識も解説するので、有意義な時間を過ごす準備を今からしていきましょう!

2021年のGWはいつからいつまで?

ゴールデンウィークとは4月末から5月の上旬に掛けてある連休のことです。毎年、何連休となるのか日数は異なります。

連休を使って旅行やレジャーを楽しむ方も多いですよね。2021年はいったい何連休なのでしょう。これからご紹介する今年のゴールデンウィークの日数を見て、どのように過ごすか予定を立てる参考にしてくださいね!

今年のGWは最大5連休!?

2021年のゴールデンウィークは4月29日(木)~5月5日(水)までの1週間です。ただし、4月30日(金)が平日なので残念ながら7連休ではありません。

・4月29日(木) 昭和の日
・4月30日(金) 平日
・5月1日(土) 通常の休日
・5月2日(日) 通常の休日
・5月3日(月) 憲法記念日
・5月4日(火) みどりの日
・5月5日(水) こどもの日

2021年のゴールデンウィークは5月1日~5日までの5連休が一般的でしょう。

国民の祝日が日曜日に被っていると振替休日となり休日が1日増えるという法律もありますが、2021年は日曜日と被っている祝日はありません。

有給を上手く利用して大型連休に!

ゴールデンウィークの連休が5日間と聞くと、少し物足りなさを感じる方もいるかもしれませんね。そんな方は有給をうまく活用して大型連休を取得してみましょう。

・4月30日(金) … 7連休
・5月6日(木)・7日(金) … 9連休
・4月30日(金)・5月6日(木)・7日(金) … 11連休

せっかくだから1週間くらいは休みたいという場合は4月30日の1日有給を取得することで7日間の大型連休となります。たった1日の有給取得で1週間の連休はとても魅力的ですね。

年に1度のチャンスだから、もっとゆっくり休みたい場合はゴールデンウィーク終了後の5月6日~7日に有給を取得すれば9連休。さらに4月30日と5月6日~7日の3日間の有給取得で11連休を取ることが可能です。

2021年のゴールデンウィークは、振替休日もなく飛び石連休のため上手く有給を活用してみましょう。

どうしてゴールデンウィークというの?

春の連休のことを「ゴールデンウィーク」と当たり前のように呼んでいますが、どうしてその名が付いたのかご存知ですか?

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ