無料の会員登録をすると
お気に入りができます

子育て本ランキングで堂々1位!知りたかった「子どものほめ方・叱り方」がすべて解決、全親必読の一冊

子育て

「○○教育」「△△法」……いろいろあるけど結局子どもにどう接したらいいの?をシンプルに解決する『モンテッソーリ教育・レッジョ・エミリア教育を知り尽くした オックスフォード児童発達学博士が語る 自分でできる子に育つ ほめ方 叱り方』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)。子育て中のライター西方さんが読んでレビューします。

今回ご紹介する『モンテッソーリ教育・レッジョ・エミリア教育を知り尽くした オックスフォード児童発達学博士が語る 自分でできる子に育つ ほめ方 叱り方』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)は、Amazonの子育てジャンル売れ筋ランキング1位のいま売れている話題の教育書(2021年4月14日現在)。

Amazonの子育てジャンル売れ筋ランキング1位

「そう!それが知りたかった!」と言いたくなる、3歳から5歳の子の子育てですぐ実践できるほめ方・叱り方がシンプルに解説されています。

内容を絞ったわかりやすい構成で本自体もとても読みやすく、あっという間に読み切ることができました。パッと読んですぐ実践したい、忙しい親にピッタリな一冊です。

まず、わが子に対するイメージを見直すことが大切

本は冒頭、著者からのこんな問いかけから始まります。

普段子どもと接するときに、無意識にこんな言葉を使っていませんか?「すごい!」「よくできたね!」「ダメって言ったでしょ!」

───使ってます。むしろだいたいそれです。

これらのほめ方・叱り方は、子どもの行動の善しあしによってその行動をコントロールしようとする「条件付きの接し方(条件付き子育て)」に当たるんだそうです。

この接し方を続けていると、愛情を注いでいるつもりが、子どもの自主性を奪ったり子どもに過度なプレッシャーを与えたりして、家族関係を悪化させるなどのネガティブな結果につながる危険性があるのだと言います。

このような子どもの行動をコントロールするための接し方を、子ども全体を見て子どもの気持ちを受け入れる「無条件の接し方(無条件子育て)」に変えていくことが大切だと言います。
そのためには「子どもには、一人でできる力がある」というように、子どもに対するイメージを見直すこと。そして、そのイメージを持った上でどうほめ・叱るのかがキーになるのだと言います。

私たち親が「すごい!」と思った行動をしたとき、「ダメ!」と静止してしまったとき、子どもの気持ちを考えていたかと聞かれると、私自身あまり自信がありません。

日々の子どもとのやりとりを振り返ってみると、大人が困るから、大人がこう望むからといった、大人都合のほめ方・叱り方だったのかも、と気づきました。

子どもの意欲を引き出すには「プロセスをほめる」のが大切

では、子どもの気持ちを考え受け入れようとする場合、どんなほめ方・叱り方をするべきなのでしょうか。まずほめ方は、とりあえず「すごい!」とただほめるのではなく、もっと具体的に、そして行動の結果ではなくその行動に至った過程や努力といったプロセスをほめるのが効果的なんだそう。

本書ではこの「プロセスほめ」を、さまざまな場面に当てはめたほめ方の例をたくさん紹介してくれています。例えば字が上手に書けたときに「すごいね!」とほめるよりも「すごく集中して何度も書いていたね!」とほめる。

自分に置き換えてみても、具体的に・過程に注目してほめられると、自分の行動や考え方の「何がよかったのか」が具体的にわかるし、「次はもっとこうしよう!」という意欲につながると感じました。

ほめ方のほかに、むやみやたらにコメントしないことも大切だそうで、心当たりが少し…。
子どもが遊んでいるだけなのに「何か声をかけなければ!」とつい「すごい、上手」と連発してしまっています。

子どもが集中しているときには見守って、何かを達成したときやうれしいことがあったときに素直にほめる。大げさである必要はなく、素直なリアクションが大切なんですね。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ