無料の会員登録をすると
お気に入りができます

賃貸の和室を使いこなす!家具選びのコツとおしゃれなインテリアアイデア特集

インテリア

和室のメリットデメリット

www.goodrooms.jp

畳にふすま。日本人なら親しみ深い和室ですが、賃貸ではなんとなく敬遠されがち。実は和室にはこんなメリットがあるんです。

・畳により、適度な湿度を保てる
・防音効果がある
・そのまま寝転ぶことができる
・収納が大きい
・家賃を抑えられることが多い

まず畳ですが、床材として色々な魅力を備えています。ストロー状の藺草に蓄えられる空気が断熱材になり、冬のヒヤッとした床冷えを防止。また、適度な湿度に調整してくれるので梅雨のジメジメ時期も、冬のカサカサ時期も快適です。クッション性が高いのでそのままお布団を敷いて寝るのにも適しています。

物件にもよりますが、押し入れはクローゼットよりも奥行きがあり大容量。荷物が多い方にもおすすめです。また、フローリングの物件よりも家賃が抑えられることが多いので、立地や広さ優先の方も低コストで借りることができます。

www.goodrooms.jp

次に、和室に住むデメリットをご紹介します。

・掃除や管理が大変
・古い物件が多い

フローリングと違い、汚れやシミが残りやすい畳はこまめな掃除が必要です。汚れや汗などの水分をそのままにしておくと、ダニやカビが発生することも。
さらに和室のある物件は古いことが多いので、水回りなどの設備がちゃんとしているかの確認も必須になってきます。

和室のメリットデメリットを説明したところで、和室をおしゃれに使いこなすためのインテリアアイデアをご紹介していきます。

和室の活用例①畳にベッドを置いて寝室に

www.goodrooms.jp

畳に思い切ってベッドを組み合わせても、意外としっくり。LDKの間取りならば、和室を寝室にしてしまうのもいいですね。

www.goodrooms.jp

ベッドカバーは白などを選んでシンプルに。部分的にラグを敷き、家具の色もナチュラルなものにすると統一感が生まれておしゃれな空間に仕上がります。

和室の活用例②ふすまを取り払ってひと部屋として使用

www.goodrooms.jp

ふすまなどで間仕切りされることが多い和室ですが、仕切りを取り払ってしまうと驚くほど開放的な空間に。

www.goodrooms.jp
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ