無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ダイソーの立体ヘアブラシ、20倍のブランド品と比べてみたら…

100yen

気軽に買える100均ショップは、もはや生活に欠かせない存在。SNSやネットニュースでは連日良さそうなものが紹介されていますが、どんどんレベルアップしていますよね。

そんな100均界隈の2021年のトレンドはオンラインショップ開設と多様な値段展開です!

ダイソーがオンラインショップを開設しました。10個などまとめ注文が基本なので一般ユーザーはあまり使わないかもしれませんが、SNSではライブ配信が大人気のようです。

ダイソーに続き、100円以上の高額アイテムの販売をキャンドゥでも開始しました。200円の身近な製品のプチグレードアップ製品から、使い勝手を試行錯誤された500円アイテムまで、品ぞろえ豊富。家電製品もあります。

そんな進化を続ける100均のネットで話題のアイテムから、今回は美容・衛生品などの日用品から「ヘアケアブラシ」「スプレーボトル」「携帯用せっけん」をピックアップ。

ダイソー、セリア、そして本家タングルティーザーのアイテムを比較してみました。

各アイテムは、「大感動=A、まあまあ感動=B、ちょっとがっかり=C」の3段階で評価(※機能性を重視)。プロが辛口で判定しました。それではご覧ください!

ダイソー
立体ヘアブラシ
実勢価格:110円
※リンクは10個売りまとめ買いの販売ページです。

公式サイトで見る

からまった髪をなめらかな指通りにしてくれる、人気のヘアブラシが100均製品に登場しました。

ダイソー「立体ヘアブラシ」は、本家のタングルティーザー製品と比較しても予想以上に使用感が近く、髪のほぐれ方や梳いたあとのサラサラ感にも差がありませんでした。

全くからまないのでロングヘアでも大丈夫。たった100円の製品ですが、十分に使えます!

タングルティーザー
ザ・オリジナル ノーマル
実勢価格:2200円

評価:A

髪に負担をかけずにスッと解きほぐすことができる本家のタングルティーザー「ザ・オリジナル ノーマル」は、さすがのA評価。握りやすい形が特徴的です。

からまる髪もソフトにブラッシングできるので、痛みを軽減してくれます。

2製品の立体ヘアブラシをテストしてみて、違いがあったのは「ブラシの形状」でした。

▼タングルティーザー:長短2段階の構造

長短のブラシが2段階ある構造になっており、毛が細くやわらかめでした。

▼ダイソー:長短3段階の構造

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ