無料の会員登録をすると
お気に入りができます

佐藤健、過去2回も「イケメン病」になったと告白 「次再発したら手術かな」

エンタメ

20日に放送された『ザ!世界仰天ニュース』(日本テレビ系)で俳優の佐藤健さんが、過去に2回も「イケメン病」になったことがあると告白しました。ネット上では、この病気の正体が話題となっています。

佐藤健

■「イケメン病」になりやすい人の特徴は

番組では、アイドル・東海林冴紀さんが2018年に東京で学生生活を送っていた際、「イケメン病」にかかってしまったエピソードをVTRで紹介。

ある朝に胸の痛みで目が覚めたという東海林さん。呼吸するだけで胸にトゲが刺さったような痛みを感じ、少し動いただけで息が上がったのだそう。すぐに病院へ行くと、医者は東海林さんの容姿を見て「イケメン病」と告げたのだとか。

実際の病名は、肺に穴が開き空気が漏れてしまう「特発性自然気胸」というもの。身長が高く痩せ形の若い男性に多い傾向があることから、別名「イケメン病」とも呼ばれているそうです。

■18歳と20歳の時に…

VTR終了後、佐藤さんは中居正広さんから「イケメン病だって。知ってました?」と声をかけられると、「僕、気胸2回やってます」と告白。中居さんも「やってんの!?」と驚きます。

中居正広

手術はしていないものの、1回目は18歳の時に、2回目は20歳の時になったとのことで、「肺がしぼんで半分ぐらいになってるって言われた」と、その時の状況を話す佐藤さん。「90%ぐらいのしぼんだ感じだと、『今開いてるかな』みたいなのちょっと分かって…」と説明しました。

■「気胸を2回も…」

その後「安静にすると自然と治るんですよ」と加えた佐藤さんでしたが、21歳くらいのときには、「次再発したら手術かな…」と思ったとのことです。

なお、この「イケメン病」はネット上で「気胸がイケメン病って言われてるの初めて聞いた」と話題になり、「健くんも肺気胸やってるんだね」「佐藤健くんも気胸を2回も。まさにイケメン病だ」と、佐藤さんも患ったことで多くの人の注目を集めた様子。

なかには「イケメンは良いとして命に危険を及ぼす病というのは嫌よね。再発しませぬように」と心配する声も寄せられています。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ