無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「平日の楽しみは睡眠です」派に捧げる“超スヤスヤ”グッズ4選

休たまにはゆっくり眠りたいけど、なかなか時間がとれない……。わかります、その気持ち。ですが、時間が作れないならば“睡眠の質”を上げることで披露回復に役立てるはず。ここでは、戦う社会人にこそ知ってほしい「快眠を実現するアイテム」のご紹介いたします。

360.life編集部/Test by MONOQLO編集部

ライフスタイル

睡眠環境が整えば 疲労回復も早くなる!

疲労を回復する手段として、睡眠が重要だということは誰でもがわかっていること。でも、実際に満足のいく睡眠をとれている人は意外と多くありません。

そこで、今回は良質な睡眠をとるためにお役立ちする4つのアイテムを紹介します。

[まくら]

寝具の基本となるまくらですが、「まくら難民」なんて言葉が生まれたように(※Google検索で100万件以上がヒットします!)、自分に合う製品を見つけるのはなかなか難しいんです。そこでオススメしたいものが、自分で高さを調整可能なまくら。

高さだけではなく、わたを自由に増減できるので、自分にピッタリハマるまくらを作ることができます。

[アイマスク&耳栓]

睡眠に大きく影響する「光」と「音」にもしっかりとした対策が必要です。アイマスクはしっかり遮光できるだけではなく、長時間つけていても不快感がないものを選ぶことが重要です。

耳栓は過度に遮音しすぎず、寝返りを打ったときに違和感がない、というのがポイント。

[いびき対策]

多くの人を悩ませている「イビキ」もカンタンなアイテムで、かなり軽減することが可能。いびきを改善することで正しい呼吸となり、それだけでかなり睡眠の質はあがります。

さてそれでは、朝までグッスリ気持ちよく眠れることうけあいな、4アイテムを具体的にご紹介いたします!

[まくら]これは快適!2500円でオーダーメイド並み

専門店などに行けば、自分の体格にあったまくらを作ることができますが、格安店でも1万円以上するなど価格はちょっと高め。でも、アイリスオーヤマの「匠眠」は、2500円という価格ながら、自分の体にあった高さに調節ができるという優れものなんです。

アイリスオーヤマ
匠眠 高さ調節ピロー ハイクラス
実勢価格:2487円
※ソフト or ハード、Sサイズ or Mサイズが選べます

Amazonで見る

本体+高さ調整シート2枚でひとつのまくらになっています。

高さが合わない場合はカバーを外してシートを抜けば、高さを3段階で変えることができます。

さらなる微調整を求めるなら、まくら裏面にある4か所のファスナーから“なかわた”を取り出してアジャストすることができます。

微妙な調整が自分でできるので、ベストな高さを見つけられる、という塩梅です。

とはいえ「まくらのベスト配置って、じつはよくわからない」という方もいらっしゃるかと思いますので、サンプルをご用意しました。適正、高過ぎ、低過ぎを図解しますので、ぜひご覧ください。

気道が通り、目線が真上よりやや下を見る状態が理想的です。

まくらが高すぎると気道を狭め、首が前に出るような状態になります。

視線が真上を見る状態は、まくらが低めです。

まくらの高さによって首の動きに違いがでます。高さが合っていないと、それだけで疲労が溜まってしまうこともあるのでご注意を。

[アイマスク]暑くても蒸れない“3Dマスク”がキテるんです

アイマスクなんて、そんなに違いはないだろう。そうお考えの方にぜひお試しいただきたいのがこちらです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ