無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「枕を2年以上使ってるとやばい!?」枕には寿命がある!替え時が分かる“4つのポイント”を専門家が直伝

ライフスタイル

まくらの寿命年数は素材によって違う

眠りのメカニズムや寝具についての豊富な知識から、快適な睡眠環境づくりのアドバイスを行う「スリープマスター」(寝具メーカー大手・西川)がまくらの寿命を解説してくれました。

西川
www.photo-ac.com

人の頭の重さは、自分の頭を支えている分には実感がわきにくいものですが、イメージ以上に重たく、全体重の約8%を占めるといわれています。その重さを毎晩支えているまくらは、自然と少しずつ中身がへたっていき、高さが低くなってしまったり、硬くなったりしていくため、寿命は意外と短いもの。毎日使うもので、健康に直結するものだからこそ、耐久性、衛生面的にも適切な時期に新しいまくらに替えることが望ましいそうです。まくらの耐用年数は素材によって異なりますので、下記を目安に自分のまくらをチェックしてみてください。

【まくらの耐用年数の目安】

・わた素材/ダウンフェザー/ウレタンフォーム(低反発枕など)…2〜3年
・パイプ素材…3〜4年
・そばがら…1〜2年

一般的なわた素材や低反発で2~3年、耐久性のありそうなパイプ素材ですら3~4年で耐用年数が過ぎるとは驚きではないでしょうか。

替え時がわかる4つのチェックポイント

www.photo-ac.com

1.全体的にふっくら感がない/高さが合わなくなってきた
少しずつ中身の詰めものがへたっていき、高さが低くなっている可能性があります。
2.まくらのにおいが気になる
洗える素材の場合は洗濯を。それでも気になる場合は替え時です。
3.肩こり・腰痛がひどくなった
自分に合っていないまくらを使い続けると、体の不調の原因につながることがあります。
4.まくらを購入後、体型や姿勢が変化した
まくらの最適な高さや固さは、人それぞれの体型などによって異なります。購入直後はぴったりでも、急激な体型変化があった場合は見直しが必要です。

最適なまくら選びの決め手

[高さ]

www.nishikawa1566.com

人によって適切なまくらの高さは違います。身体の大きさや体型によっても変わってくるので、自分が快適に眠れるものがベスト。ただ、低すぎてアゴが上がってしまったり、高すぎて首が詰まってしまうのはよくありません。また、横向きで寝ることが多い人は、肩幅に対応するまくらの高さを考慮しましょう。

[素材]

熱がこもらず汗を吸収・発散させる通気性のよいものががおすすめです。汗っかきの方は、洗濯できる素材を選ぶと衛生的なので安心。素材は、自分が快適に眠れるもの、お好きな寝心地で選びましょう。ただし、柔らかすぎると頭部が深く沈み、不安定になったり、接触面が大きくなるため熱がこもりやすく、寝ぐるしくなってしまうことも。また固すぎると接触面が少なく限られた場所のみで支えるので、不快感に繋がる恐れがあります。

[形]

www.nishikawa1566.com

西川のロングセラーまくら『医師がすすめる健康枕もっと肩楽寝』
両サイドが高くなっていて真ん中がくぼんでいる形が寝やすい形。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ