無料の会員登録をすると
お気に入りができます

芸術の秋に訪れたい!「関西エリア」の美術館&展覧会5選

朝晩少し涼しくなってきて、秋の訪れを感じる季節になりました。そこで今回は、芸術の秋に行きたい関西の美術館&展覧会をご紹介。週末に1人でゆったりと、あるいはカップルやお友達、ご家族と一緒に、芸術に触れてみてはいかがですか?

2018年9月
旅行・おでかけ

見逃せない展覧会がいっぱい♡

2018年の関西は、見逃せない展覧会がいっぱい!教科書で見かけるような有名芸術家の展覧会をはじめ、日本画や絵本の展覧会なども開催されます。中には散歩を楽しみながら芸術鑑賞ができる、秋のお出かけにぴったりな展覧会も!

unsplash.com

展覧会の多くは期間限定で、この秋にしか行くことはできません。周辺観光も楽しめますから、お出かけ気分で気軽に美術館を訪れてみてくださいね!

2018秋・関西の美術館&展覧会information

1、兵庫県立美術館「プラド美術館展」

www.artm.pref.hyogo.jp

JR灘駅から徒歩約10分のところにある、兵庫県立美術館。2002年に開館し、「芸術の館」という愛称で親しまれています。実は日本を代表する建築家・安藤忠雄氏によって設計されており、迷路のような通路や自然光を取り入れた空間など、建築自体も見どころの1つ。

見どころはベラスケス作品!

そんな兵庫県立美術館で今年6月13日から開催されているのが「プラド美術館展」です。スペイン・マドリードにあるプラド美術館のコレクションを7つの主題に分けて展示しています。見どころは、巨匠ディエゴ・ベラスケスの本邦初公開作品7点。なんと日本では過去最多の展示数だそうです。

pixabay.com

会期は10月14日まで。一般1,600円、大学生1,200円、高校生以下は無料です。プラド美術館展のHPにある「アクセス割引券」を利用することで100円安くチケットが購入できるので、ぜひ利用して訪れてみてくださいね。

兵庫県立美術館をもっと詳しく知る!

2.「六甲ミーツ・アート 芸術散歩2018」

撮影;ラボートはるか

「六甲ミーツ・アート 芸術散歩」は、2010年以降毎年六甲山で開催されている展覧会。六甲山に散らばるいくつかの施設をピクニック気分で巡りながら、各地に設置された現代アート作品を鑑賞することができます。

自然と作品との融合が美しい!

「六甲ミーツ・アート 芸術散歩」の魅力は、なんといっても自然に囲まれているということ。ケーブルやバスで移動しながら鑑賞するので、六甲山の雄大な自然の中に、まるで宝物を見つけるように作品を発見できます。ここでしか味わえない、自然と作品との融合が体験できますよ。

六甲ミーツ・アート 芸術散歩/Rokko Meets Art on Instagram: “CHAKKY KATO「ロマン飛行 (青い馬と深海魚)」六甲ケーブル/六甲ミーツ・アート 芸術散歩2017
#CHAKKYKATO
#rokkomeetsart
#六甲ミーツアート芸術散歩2018
#2018年9月8日スタート
#前売券好評発売中”
instagram.com

会期は9月8日~11月25日まで。たくさん巡るなら有料会場にお得に入場できるチケット(大人1,700円、小人850円)の利用がおすすめです。また賞金最大5万円のフォトコンテストが開催されるので、ツイッターやインスタグラムからどんどん参加してみてくださいね!

六甲ミーツ・アート 芸術散歩2018をもっと詳しく知る!

3.大山崎山荘美術館「谷崎潤一郎文学の着物を見る」

撮影:ラボートはるか

JR山崎駅または阪急大山崎駅より徒歩約10分のところにある、大山崎山荘美術館。もともとニッカウヰスキーやアサヒビールに関わりの深い実業家・加賀正太郎氏が建設した別荘でしたが、修復・増築を行い1994年に美術館として開館しました。

アンティーク着物で小説を再現!

大山崎山荘美術館では、9月15~12月2日にかけて展覧会「谷崎潤一郎文学の着物を見る」が開催されます。谷崎潤一郎の小説に登場する女性が着ている華やかな着物を、アンティーク着物で再現。当時どのように着物を着こなしていたのか、実施にどのような美しいものだったのか、再現された着物をもとに知ることが出来ます。

pixabay.com

入館料は一般が900円、高・大学生が500円、中学生以下は無料。さらに着物を着て訪れると100円割引になります。着物を普段から着る方は少ないと思いますが、これを機に着物の魅力を再確認できるかもしれませんよ。

大山崎山荘美術館をもっと詳しく知る!

4.西宮市大谷記念美術館「イタリア・ボローニャ国際絵本原画展」

otanimuseum.jp

本格的な絵画や現代アートはちょっと…という方におすすめなのが、8月11日から絵本の原画展「イタリア・ボローニャ国際絵本原画展」を開催している西宮市大谷記念美術館です。住宅街の中に溶け込むようにして佇むこちらの美術館は、庭園が美しいことでも知られています。

癒される!かわいい絵本の原画がいっぱい

「イタリア・ボローニャ国際絵本原画展」は、美術館が毎年行っている展覧会。子どもの本専門の国際見本市「ボローニャ・チルドレンズ・ブックフェア」の入選作を展示しています。かわいい・面白い原画が集まっていて、印刷された紙で見るのとは違った美しさに癒されますよ。

pixabay.com

会期は9月24日まで。入館料は一般が800円、大・高校生が600円、中・小学生が400円です。伊丹市立美術館・西宮市大谷記念美術館との間では相互割引が行われているので、ぜひ他の美術館もあわせて訪れてみてくださいね。

西宮市大谷記念美術館

5.国立国際美術館「プーシキン美術館展」

www.photo-ac.com

国際国立美術館は、JR大阪駅から徒歩約20分、京阪渡辺橋駅から徒歩約5分のところにある現代美術中心の美術館。外観だけでもユニークなのですが、展示室がすべて地下にある珍しい構造になっているのが特徴です。

夜間は写真撮影OK!

こちらでは、10月14日まで「プーシキン美術館展」が行われています。フランス絵画コレクションで知られるロシア・モスクワのプーシキン美術館から、65点のフランス風景画を展示。17~20世紀にかけてのフランス風景画の流れを一度に見ることが出来ます。

unsplash.com

展覧会最大のポイントは、金曜・土曜の夜間開館中は撮影がOKになること。好きな絵を撮影して自由にSNSなどに上げられるんです。東京都美術館でも同じ展覧会が開催されましたが、撮影できるのは国立国際美術館だけ。観覧料は一般1,500円、大学生1,200円、高校生600円です。

国立国際美術館をもっと詳しく知る!

涼しくなったら芸術鑑賞へ行こう!

pixabay.com

まだ残暑が厳しい時期ですが、涼しくなってくれば外に出るのも楽しくなります。写真撮影ができる展覧会もありますから、ぜひカメラを持って、お散歩気分で訪れてみてくださいね!

記事に関するお問い合わせ