無料の会員登録をすると
お気に入りができます

野田クリスタルらが語る「生きづらさ」 考えすぎる性格に共感の声続出

エンタメ

28日放送の『アメトーーク!』(テレビ朝日系)にて、お笑い芸人の吉住さんがプレゼンしたという企画「生きづらい芸人」が放送されました。

アメトーーク!

お笑いコンビ・マヂカルラブリーの野田クリスタルさんやパンサーの向井慧さん等普段から「生きづらい」と感じる彼らの発言に多くの共感が集まっています。

■自分のネタが怖い

この日「色々と気にしすぎて生きづらいと感じる瞬間を教えてください」とMCの蛍原徹さんに問われたゲストの皆さん。

トップバッターであり、この企画を担当した張本人である吉住さんは「私は自分の出てるテレビとかが見れない。結構あるあるだと思うんですけど自分のやってるネタ動画も見れない」と自身の性格を分析。基本的に自分のネタは全て滑ったと思ってしまい、良いネタも捨ててしまうことが多いと明かしました。

この意見には、宮下草薙の草薙航基さんも同意。自身も相方がOAをチェックしている時の反応を盗み聞きしては不安になると話したほか、「炎上しそうなことを言ってしまった時、カットしてくださいと言える権力もない」故、ただただ「カットされていますように」と願うしかないことが多々ある自身なさげな様子を見せていました。

■会話ネタを事前に準備

一方パンサー向井さんは昨今行われていいる「リモート飲み」について言及。

リモート飲みは現地に出向くわけでもないので「断る術がない!」と嘆きながら、自分は「その日の昼ぐらいから盛り上がらなかったらどうしよう」という気持ちになってしまい、喋ることをメモに書き準備してしまうと告白しました。

気付いたら「アメトーーク!」に提出する用のアンケートぐらい書いて臨んでしまうほか、番組収録時にメイクルームへ行く際、誰かと遭遇した時用に会話を2~3パターン用意すると話しています。

マヂカルラブリーの野田クリスタルさんは自身もそうだと共感し、自身は飲み会帰りに芸人と遭遇し同じ電車で帰る羽目になった時用のトークを随時準備しているという不安症な一面を吐露していました。

■カラオケでの「生きづらさ」は…

この他にも「カラオケで盛り上がる曲がわからない」「カラオケの選曲で人の心情を読み取ってくる奴なんなんですか?」「好きな曲で盛り下がった時に助けてくれますか!?」といった「生きづらいあるある」を披露した一同。

放送後のツイッターからは「面白かった」「メンバーがよかった」といった称賛のほか「めっちゃわかる…」「共感が多すぎて見るのが辛い」など、同じく生きづらさを感じているという声が殺到しました。

中には「人が言った何気ない言葉や、自分が発してしまった言葉を頭の中でこねくり回してしまう人が生きづらい人なんだろうな」「私も他人が言ったことを勝手にマイナスに解釈して凹んだりすることある」と話す視聴者もおり、大きな反響が集まっています。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ