無料の会員登録をすると
お気に入りができます

梅雨時期の憂鬱はお風呂で解決せよ。ドラッグストアで買える、お悩み別おすすめ入浴剤レビュー

美容
Kneipp(クナイプ)

特徴的なのは、その種類の多さ。入浴剤として販売されているものとしてはバスソルトとバスミルクがありますが、香りや使用しているハーブの種類が実に豊富です。

10種類以上から選べるバスソルト

こちらが「クナイプ」のバスソルト(50g 税抜150円、850g 税抜2400円)。

バスソルトはその名の通り、お風呂に入れる塩のことです。岩塩に含まれるミネラルで、体を温め新陳代謝をよくするという効果があります。

クナイプのバスソルトは種類の多さが特徴で、その数なんと10種類以上。効能や香りが異なっており、使う人の好みや悩みに合わせて自由に選べます。 いろいろ試してお気に入りを見つけるのも楽しいかもしれませんね。

泡風呂にもなるバスミルク

歴史のあるクナイプの中で比較的最近登場したのが、バスミルク(480mL 税抜1200円)。

こちらは全5種類の販売で、「香ってうるおうスキンケア入浴液」と名乗っており入浴後にお肌がしっとりすることが特徴です。

驚くべきは泡風呂としても使える点。シャワーを勢いよく水面にあてることによって、バスミルクの成分が泡立ちます。リラックス効果だけでなく、気分も上げてくれる商品ですよ。

\実際に使ってみた/

バスミルクを浴槽に入れ、シャワーなどで水面に強く水を当てると、みるみる泡立っていきます。泡が少なくなったら、シャワーを当てることで復活させることも可能です。

「コットンミルクの香り」は落ち着くようないい香り。そしてなんといっても泡風呂の楽しさ…!これは毎日お風呂に入りたくなっちゃいます。

バスミルクなので、バスソルトや他の入浴剤に比べかなり保湿力があり、思わず肌を撫で回したくなってしまいます。 乾燥しやすい冬の時期や、夏場でもうるおいを保ちたい方におすすめです。

公式サイト

香りに癒やされたいなら「アーユルタイム」

「Ayur Time(アーユルタイム)」(1袋40g 税込165円)は、「バスクリン」や「きき湯」、「日本の名湯」など、ヒット商品を多く出している株式会社バスクリンによる商品です。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ