無料の会員登録をすると
お気に入りができます

三重・初夏の桑名でウワサの名物探し!(前編)『デラメチャ気になる!』

旅行・おでかけ

はるな愛と村上佳菜子が東海地方の話題のスポットに出かけ、“気になる”を調査しながら街歩きする番組『デラメチャ気になる!』。6月6日の放送でははるなと村上が三重県桑名市を訪問。ハマグリだけじゃない、今、ウワサの名物を探しました。

『デラメチャ気になる!』動画を見る

商店街を丸ごと名物にする男は、配信歴10年以上のベテランYoutuber!

最初に二人が訪れたのは日用品を扱うお店が多く並ぶ風情あふれた『桑名寺町通り商店街』。ここには商店街を丸ごと名物にしてしまうという熱い人物がいるそうです。

噂の人物とはYoutuberのマサマサさんこと桑名名産の貝を使ったしぐれ屋『貝新フーズ』の伊藤雅一さん。

詳しいお話をお伺いする前に、まずはお店自慢の焼きはまぐりを頂きました。

焼いた後にハマグリの煮汁で煮詰めるというマサマサさん考案の手法で調理された焼きはまぐり。旨味が溢れ出す濃厚なお味に、村上も驚きです。

そんなマサマサさんが取り組んでいるのがYoutubeでのお店や商品の紹介。手作り感溢れる動画ながら、その歴はなんと10年以上。さらに、自分のお店だけでは無く、寺町商店街の良さをもっともっとPRしたいと頑張っています。

撮影にはかなりのこだわりがあるようで、お店の3階には動画撮影用のスタジオを設置。暗幕に三台の照明を配置した、かなりの本格的設備です。

登録者数よりも地元愛!熱きマサマサさんこそ、桑名の新名物かもしれませんね。

毎日行列!動物好きすぎさんが作る1日1000枚も売れるウワサのクッキー!

続いて二人が訪れたのはかわいい立て看板が目印の『KurimaroCollection』。まるで雑貨屋さんのようなオシャレな店内にはかわいらしい動物型のクッキーがズラリと並んでいます。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ