無料の会員登録をすると
お気に入りができます

京都・大阪ミニシアター3選!わざわざ行きたい有名映画館へ

旅行・おでかけ

映画好きなら一度は名前を聞いたことがある有名ミニシアターが点在する京都・大阪。支配人のこだわりが詰まった老舗シアターから、おしゃれな雰囲気が魅力のフレッシュな劇場まで、京都・大阪の有名ミニシアター3軒を紹介します。それぞれ京都駅や大阪・心斎橋駅などターミナル駅からアクセスも良いので、地元の人はもちろん、旅行で訪れた際にもぜひ足を運んでみてください。

開演を待つまでの時間も楽しい

入口を入ると目の前にはカウンターのみ8席のカフェ「出町座のソコ」が。その背面にずらっと本が並ぶスペースが書店「CAVA BOOKS」です。カフェでは劇場に持ち込むことも、テイクアウトも可能なドリンクとフード、劇場持ち込み向けのオードブルが揃います。出町座で上映中の作品とのコラボメニューを販売していることも。

券売機でチケットを買い、受付で座席指定をする

出町座には俗に言うロビーとよばれるような場所がなく、カフェや書店だけでも入りやすいようになっていて、地元の人のコミュニケーションの場としても親しまれているそう。座長の田中誠一さんによると、カフェが併設されているというだけでなく、「商店街の中にあるので、人と人との距離が近いこともプラスになっている」そう。その相乗効果によって、日常的に行き来する人が気軽に入ってこられる空間になっているのが魅力です。

まるで別世界に入り込んでいくような感覚を味わいながら地下の劇場へ

出町座を訪れる際はCAVA BOOKSでこれから観る映画に関連する本を手に取り、出町座のソコでひと休憩しながら開演のアナウンスを待つ、そんな余裕をもったプランニングがおすすめです♪

■劇場データ

劇場名:出町座
住所:京都府京都市上京区三芳町133
アクセス:各線出町柳駅京阪5番出口から徒歩5分
席数:B1F(42席)、2F(48席)
HP:https://demachiza.com/

3.フィルムの音と光が懐かしい「シネ・ヌーヴォ」

うっとりするような内装の劇場

劇場看板の前で写真を撮る映画ファンも多い

壁には来場した監督や俳優のサインがびっしり

薄暗い場内が非日常的な雰囲気を盛り立てる

カタカタカタ・・・と、フィルムと映写機が動き出す音。後方の映写室からスクリーンに放射する光。シネ・ヌーヴォで作品を見るその瞬間は、いろんな現実を忘れさせてくれる、まさに映画の醍醐味がたっぷり詰まった時間。デジタルにはない味わいが待つミニシアターです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ