無料の会員登録をすると
お気に入りができます

部屋がごちゃつかない「引っ掛け収納」のコツ。プロ厳選の収納グッズ&実例集

インテリア

毎日使うものはもちろん、一週間に2~3回くらい使うものは、しまう収納より出しっぱなしのほうが効率も良くラク。でも部屋の中に引っ掛け収納ばかりだとゴチャゴチャしてしまいます。使いやすい引っ掛け収納法をご紹介しながら、出しっぱなしにしてもスッキリ見える引っ掛け収納アイテムも合わせてご紹介します。

収納の方法で一番ラクなのは引っ掛け収納

収納の方法として一番ラクで使いやすいのは、サッと取ることができる「引っ掛ける」だけの収納法です。特に毎日使うもの、よく使うものは少しでもラクな方法で収納できると準備や毎日の片付けも面倒にならず片付く暮らしにつながります。

例えば、浴室内にあるタオルバーにS字フックを掛けて、毎日使うお風呂掃除用具や洗剤などを引っ掛け収納しておくことで、お風呂掃除をする際の準備もラクにすぐに掃除をすることができます。また引っ掛け収納は浮かせる収納でもあるので、湿気の多い浴室内ならカビ防止対策にもなります。

よく使うものやラクに管理できるように収納したい時は、ぜひ引っ掛け収納がおすすめです。

使いやすい引っ掛け収納実例4選

ここからは我が家でも実践していて使いやすい引っ掛け収納例をご紹介していきます。

1.掃除用ワイパー

洗面スペースの壁面にフックを取付けて掃除ワイパーを引っ掛け収納しています。

洗面スペースは髪の毛やホコリなどの汚れも出やすい場所。できればいつも清潔を保ちたいスペースでもあります。ホコリなどに気付いた時にサッと手に取れる引っ掛け収納なら、ちょっとした掃除も面倒になりません。

また、目に入る引っ掛け収納は、ワイパー本体のデザインもインテリアに馴染みやすいデザインのものを取り入れてみると、見た目もスッキリ、掃除のモチベーションアップにもつながります。(写真は無印良品の掃除用品システムシリーズの木製ポールとフローリングモップを組み合わせたもの)

2.キッチン布巾

収納場所に迷うという声もよく聞くキッチンの布巾は、冷蔵庫横にマグネットフックを取り付けて引っ掛け収納してみるのもおすすめです。
キッチン作業スペースに布巾用のスタンドを置いたり、キッチンに吊り戸棚がある時は布巾用のハンガーを取り付けることもできますが、最近はオープンキッチンも多いので、冷蔵庫横などに引っ掛けておくとキッチンスペースもスッキリします。

3.ベルト、ネクタイ

ベルトやネクタイも引っ掛け収納しておくと便利です。

写真のベルトは、ウォークインクローゼット内の壁面にフックを取付けて引っ掛け収納しています。丸めておく収納よりも取り出しやすく場所も取らずに収納することができます。

また、ネクタイは細長く滑りやすい素材のものが多いので、ネクタイ専用のハンガーを取り入れると滑り落ちにくくキレイに収納することもできます。使用しているネクタイハンガーはフックにネクタイを重ねて収納することが可能で、取り出す時は使いたいネクタイを上に引き上げれば一本だけ引き抜けるように作られているので出し入れの手間もかからずとても便利です。(写真は清水産業のタイハンガーウッディー)

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ