無料の会員登録をすると
お気に入りができます

簡単! 夏の節約テク14選|水・光熱費、食費、レジャー費を節約[FP丸山晴美 監修]

節約・マネー

目次

教えて! お金のコト

家にいる時間が長くなると電気代は高くなるし、水道代もばかにできません。水・光熱費や食費、レジャー費など、すぐできる夏の節約テクニックをファイナンシャルプランナーの丸山晴美先生が紹介します。

『steady.』最新号を購入する!

宝島社公式通販サイト「宝島チャンネル」なら電話注文もOK! 雑誌送料は1冊200円!! 詳しくはこちらをクリック

詳しくはこちらをクリック

【受注専用TEL】0120-203-760
【受付時間】9:00~18:00(土日祝日を除く)

<お悩み内容>エアコンなど水・光熱費の節約方法を教えて

家にいる割合が増えており、美容代は少なく済んでいる一方、水・光熱費が高くなっています。暑くなってきたので、特に気になるのはエアコンの電気代。少しでも電気代を安くする方法があれば教えてください。

(商社関連勤務・29歳)

【PROFILE】
時々在宅勤務になるので、混んでいる電車に乗らずにすむのはうれしい。ただ水・光熱費の支払いが毎月高くなっていて気になっている。

<アドバイス>エアコンの設定温度を少し上げたりフィルター掃除などで電気代を節約

リモートワークや自粛などで、家にいる時間が長くなっている人も多いはず。家にいる時間が長ければ、電気代や水道代、食費などの出費が増えるのは当然のこと。ましてや、夏となればエアコンの使用頻度が高くなるので電気代も高くなりがち。節約するには設定温度を少しだけ高くしたり、フィルターを掃除するなどの方法があります。また、テレビや照明などはつけっぱなしにせず、こまめに消しましょう。ほかにも、洗濯の回数を減らしたり、すすぎ1回ですむ洗剤を使ったりなどの節水も大切。今回紹介した節約テクニックをすべて実行することは難しいと思うので、できそうなものからチャレンジしてみてください。

お金が貯まる! 夏の節約テクニック

水・光熱費やレジャー費など、夏だからこそ気をつけたい節約テクニックを紹介します。

夏は水・光熱費が高くなりがち。エアコンや冷蔵庫の利用方法を変更するなど、簡単にできるものばかり。

□エアコンの設定温度を1度上げる
エアコンの設定温度を何度にするかはとても大事。健康に配慮すること前提で、たとえば27度から28度に1度上げると、ワンシーズンで約820円の電気料金の節約ができるそう。

□こまめに掃除したいエアコンフィルター
エアコンのフィルター掃除を怠っている人は多そう。でも月に1回か2回、掃除をするだけで、目詰まりしているときより年間約860円の電気料金が節約できるとなれば、掃除にも力が入ります。

□エアコンはこまめに消すVSつけっぱなし
家電メーカーの調査によると、日中の30分程度の外出ならエアコン(冷房)はつけっぱなし、外気温が日中より下がる夜間は、18分以上外出するときはこまめに消した方がよいそうです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ